シックハウス症候群とは?何が原因でなるの?日常からできる対策。

シックハウス症候群というのを聞いたことがありますか?

私たちが毎日暮らしている拠点である住居内での、室内の空気汚染が原因で起こる症状の事で、そこに住まう私たち人の健康に悪影響を与えるかもしれないのです。


シックハウス症候群って一体何?

主に新築の住宅や改築後の住宅などで起こると言われるシックハウス症候群。一体どのようなものなのでしょうか?

最近では住宅の高気密化が進むに従い、建材や内装材、高断熱材などを使用することで科学物質を含有した建材を多く用いるようになりました。その建材から発生する化学物質などにより室内の空気が汚染されてしまい、健康に及ぼす影響のことをシックハウス症候群と言います。


何が原因で起こるの?

上記でも記しましたが、原因としての多くは化学物質を含有した建材を使用したことにより、その建材から発生した化学物質で室内の空気の汚染が進み健康被害を及ぼすとされています。

しかしこの建材だけが原因という訳でもなく、建材以外にもカーテンや絨毯、家具などの居住スペースには必ずあるような物からも揮発する化学物質もあるほか、日常生活用品、ダニやカビなど様々なものが原因となりえます。

このような日用生活品や家具などには接着剤や難熱剤、防虫剤、スプレー類などに化学物質が含まれていたり、絨毯やエアコンなどにはカビが原因となり健康被害を及ぼすことも考えられます。

そして近年の住宅の高気密・高断熱化が進んだのに対し、換気対策が遅れてしまった事が室内空気汚染の原因とも言われています。換気不足により室内の空気が循環しにくい事も空気汚染の原因となりますので、計画換気の必要性も注目されています。

シックハウス症候群はどんな症状?

シックハウス症候群の症状は個人差が大きい為、多岐にわたります。本人にしか自覚できない症状が多く自律神経失調症や更年期障害、風邪や精神疾患などと間違われてしまうことも多くあります。

考えられる症状をまとめてみると以下の通りになります。

◆全身 自律神経に出る症状

・神経障害…めまい、発汗症状、集中力低下、不安神経症、倦怠感、不眠、鬱症状、頭痛、けいれん、イライラ、疲労感

・消化器系…吐き気、嘔吐、食欲不振、腹痛、下痢、便秘

・循環器系…動悸、息切れ、呼吸困難、血圧の変化、胸部痛

・その他…発熱、寒気、月経異常、関節痛、指先の震え
◆感覚器 皮膚に出る症状

・目…涙目、ドライアイ、かすみ、疲れ目、充血、結膜炎、チカチカする、視力低下、痒み

・鼻…鼻水、鼻のつまり、鼻血

・口、喉…痛み、乾き、味覚異常、咽喉痛、気道の圧迫感

・耳…耳鳴り、難聴、平行感覚の異常

・皮膚…赤み、かゆみ、じんましんなどの発疹、皮膚炎

これらの症状は一度に出るわけだはないのですが、複数の症状を伴うケースが多く見られるようです。更に、特定の場所でのみ発生し、その場所を離れると治まる場合や、換気をしない室内に居る時のみに症状が出るケースなどもあります。

何か対策法はあるの?

シックハウス症候群の予防、軽減の基本は換気です。最近の住宅はアルミサッシ窓が多いため機密性が非常に高くなっており化学物質が蓄積しやすい環境にあります。

更に共働きや単身者の場合ですと一日のほとんどが部屋が締切状態になる事も少なくありません。帰宅した頃には室内に化学物質が充満している状態となります。

またお年寄りの場合ですと一日家にいることも多くなりますが、換気ができていない室内に長時間いると、長い時間をかけて化学物質の影響を受けることになります。

こうした室内環境を変えるためにも室内の空気の循環をさせるために窓を開けることや、換気扇を回したり換気をする癖をつけるようにしましょう。新しい住居などは入居前にできるだけ換気をしておくのも良いかもしれません。

カビやダニの予防としても換気は効果的ですので、こまめに行うようにしましょう。窓が開けにくい場合は換気扇を十分に活用しましょう。


まとめ

住みやすい住居に変化する一方で、あらゆるものが進化し健康に被害を及ぼしていたんですね。部屋の窓だけに限らず、家中の換気はポイントです。

押し入れなど換気がしにくい場所では扇風機を使用して空気の入れ替えをするのも効果的ですよ。

人生の殆どを過ごす大切な場所ですので、皆が健康に過ごすためにもシックハウス症候群を予防し過ごしやすい環境を作りたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です