初盆のお返しは必要?熨斗の書き方と香典の相場は?

初盆・新盆についてのお話2回目です。

前回は
・初盆・新盆とは?
・初盆の堤灯についてと誰が用意するものなのか?
・お布施の相場はどのくらい?

以上の3点についてお話ししました。
前回の記事→「新盆・初盆とは?堤灯火はどうするの?お布施の相場は?」

今回は
・初盆・新盆に来てくださった方へのお返しは必要か?
・熨斗の書き方
・初盆・新盆に出席する場合

以上の3点についてお話していきますので、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク



初盆に来てくださった方へのお返しは必要?

御仏前をお供えして頂いたらお返しは必要になります。

故人や親族と特に親しかった方には初盆の法要のあと、食事の席を設けてもてなす事がお返しとなります。
また、香典を頂いたお返しとして引き出物も用意します。

一般的には頂いた額の半分~三分の一程が相場となっています。法要に来てくださった方へお渡しするものになりますので、あらかじめ1,000円~2,000円程度の引き出物を用意しておく形となります。

品物として多く用いられるのは調味料やお菓子などの食品や、洗剤などといった消えものです。お盆時期の季節に合ったものとしてゼリーや羊羹などの水菓子やそうめんなども多く、少し高額な引き出物ですとカタログギフトとして用いる事が最近は増えてきているようです。

もしこの時にお渡しした引き出物よりも、頂いた香典の金額が多かった場合は後から別途のお礼の品を送ることもあります。

引き出物の熨斗の書き方は?

引き出物での熨斗の書き方は表書きがいくつかあります。

「志」「初盆志」「御初盆志」「新盆志」「初盆供養」「新盆供養」
多く用いられているのは、志・初盆・初盆志などが多いようです。

下の段には施主の氏名、もしくは〇〇家というように施主の家名を書きましょう。

水引は基本結びきりのものを用います。

・蓮入り結びきり(藍銀水引)
・蓮なし結びきり(白黒水引)
・黄白結びきり

蓮入りは仏教全般に使用され、蓮の絵のないものは宗教問わず使用されます。
黄白水引は神道やキリスト教、主に大阪や京都などの関西地区で使用されています。


初盆に出席する場合について

初盆に出席することになった場合、これもいくつも疑問が出てきてしまいますよね。最後は出席する場合についてお話しします。

・初盆に出席する場合の服装

これは地域などでも異なりますので一度親戚などに訪ねてみるのが良いですが、一般的には喪服か黒主体の服装となります。暑い季節の行事となりますので女性の場合は喪服か、黒のワンピースなど、男性の場合は半袖のシャツやポロシャツなどの上着に黒いズボンなどで大丈夫でしょう。

楽な服装で大丈夫よと言われたとしても、デニム地や襟のないシャツなどはNGとなりますので気をつけましょう。

・香典の金額

亡くなった方とどれほど親しかったかや、身内の中での感覚や地域差などもありますが、一般的には5,000円~10,000円前後が相場だと言われています。お供え物を持参する場合は香典の金額は少なくても構わないようです。

地域によってはお供え物だけですます場合もあるようですので、親族に確認してみましょう。

・不祝儀袋・お供え物の熨斗の書き方

表書きは品物、用途によって書き方が変わります。

■仏様にお供えする品「御供」
■仏様に贈るお金「御仏前」
■初盆の堤灯代「御堤灯代」

などを使用し、水引は双銀・黒白・藍銀、関西では黄白・黄銀を用いるのが一般的です。

表書きは宗旨宗派に関係なく用いられるのは「御供物料」となっており、仏式では「御仏前」、神式では「御玉串料」「御神前」などと書きます。表書きについては宗教などによって異なりますので事前に確認してみましょう。

水引の下には氏名を書き記しますが、不祝儀袋に使う済は薄墨となりますので、薄墨の筆ペンで書くようにしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
2回に分けてお話しさせて頂きましたが、初めてのお盆や初盆の出席となるとどうすればいいのかと色々不安が出てきますよね。

香典や御供え物などに関しては故人との関係性や親族との関係性によっても異なってきてしまいますので、あくまでも参考までにという形になります。

いざ出席する場合や、初盆を迎える場合にはお寺さんや地域の行い方、親族等に一度伺ってみましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です