こどもの日に柏餅や粽を食べるのはなぜ?どんな意味があるの?

5月5日はこどもの日。
端午の節句と聞くとあまり聞き慣れない感じがしますが、こどもの日と聞くと
鯉のぼりや五月人形、柏餅や粽など色々なイメージが湧きますよね。

そもそも端午の節句とはどんな行事なんでしょうか?
こどもの日に柏餅や粽を食べるようになったのか?

何気なく食べていたけどどんな意味があるのでしょうか?

端午の節句と食べ物の関係とは?

スポンサードリンク

端午の節句ってどんな行事?

端午の節句は中国から伝わってきた行事です。

中国では邪気を払う行事としいたのが日本に伝わり、この時期に生える菖蒲を使って邪気を払っていたそうです。

江戸時代にはこの菖蒲が“勝負”や“尚武”などの言葉に通ずることから男の子の行事になって言ったそうです。

柏餅の意味はどんな意味?

柏餅といえば上新粉とくず粉を混ぜて作ったしんこ餅に、餡を包み柏の葉で包んだお菓子。
これは日本独特のお菓子なんだそうです。

柏の葉は新しい目が出ないと古い葉は落ないという特徴を持っています。この事から子、供が生まれるまで親は死なないという意味や、家系が絶えない、子孫繁栄の意味に繋がり食べられるようになったそうです。

端午の節句という行事自体は中国から伝わってきましたが、柏餅は日本で生まれ食べ続けられています。

子供が無事に育ちますようにという願いを込めて食べられているんですね。


粽の意味はどんな意味?

粽は柏餅とは違い、端午の節句の行事とともに中国から伝わってきたものです。

このちまきにはちょっと面白いお話があります。
戦国時代の楚の国の高名な詩人である屈原(くつげん)は国王の側近であり、人々からも好かれた人物でしたが、陰謀の為国を追われる身となり川に身を投げてしまいます。その日が5月5日。

屈原の死を悲しんだ人々はたくさんのちまきを川に投げ弔いました。
ところが里のものが川のほとりで幽霊に出会います。
幽霊は「里の者が毎年供物を捧げてくれるのは有難いが、残念なことに私の手許に届く前に蛟龍(こうりゅう)という悪龍に盗まれてしまう。今度からはこうりゅうの苦手な楝樹(れんじゅ)の葉で米を包み、五色の糸で縛って欲しい」と・・・。

それ以来楝樹の葉で包み五色の糸で縛って川へ流し無事に屈原の元に供物が届いたんだとか。

これが私たちのよく知る粽の始まりとされています。

粽には無業息災の意味もあり、屈原の故事から中国では端午の節句に節物としてちまきを作り親戚や知人に配る習わしが生まれました。


まとめ

今までは何気なく食べていた柏餅や粽でしたが、それぞれに意味が有ることを知るとこどもの日には欠かさずに食べたいなぁと思いますよね。

子供の成長を願う親としては、こどもの日とはやはり特別な日だと改めて思います。5月5日には柏餅と粽を用意してありがたく頂きましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です