慶弔のし袋の選び方は?表書きの書き方とマナー。

冠婚葬祭や贈答などで使う熨斗やのし袋。

売り場に行くといろいろな種類がありますが、それぞれの用途に合った水引とのしを選択しなければなりません。

今回は知っておきたい袋の選び方と、表書き・名前の書き方などのしに関するマナーのお話です。いざという時のために参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク

のし袋の選び方

のし袋についているひも状の飾りは水引と言いますが、用途に応じてこの水引は異なります。

一度結んだらほどけない「結びきり」と、何度でも結び直せる「蝶結び」に大別されています。結婚や葬儀などは繰り返したくない事柄なので必ず結びきりを選び、入学や出産、お礼やお歳暮などでは何度も繰り返しても良い事柄なので蝶結びを選びます。

水引には様々な色があしらわれていますが、一般的に結婚のお祝い、お礼や贈答には金と銀または赤白の水引。結婚以外の祝い事には赤白の水引となります。

弔事用の不祝儀袋は黒白、または双銀の水引を使用しますが水引にも格式があります。双銀→黒白→印刷したものの順になりますので金額に応じて使い分けましょう。


表書きと名前の書き方は?

熨斗袋

のし袋には水引から上の部分に書く表書きと、水引から下の部分に書く名前と2つの記述をします。

結婚祝いなどの表書きは既に印刷されているものがほとんで、「寿」「壽」のどちらかです。入学式や出産祝いなどのお祝い事には「御祝」や「祝 御入学」などと書きます。
水引より下に書く名前は、表書きより小な字で楷書で丁寧に書きます。

 4文字の表書きはNG! 
慶事などの表書きを「御出産祝」などのように4文字にする事は、死を連想させてしまうものだと嫌う方もいらっしゃいます。
「御出産御祝」などのように5文字にするか、「祝 御出産」などのように祝の文字を大きく書き、間にスペースをあけるなどしましょう。

お香典は宗教によって異なり、これは事前には分からないことが多いので「御霊前」が広く使われるようになっています。
仏式の場合は「御香奠」や「御香典」、神式の場合は「玉串料」や「御榊料」、キリスト教の場合は「お花料」などの表書きとなります。

ひとつ気をつけたいのが浄土真宗系の葬儀の場合は、「御霊前」は使いません。浄土真宗では“往生即成仏”の考え方から御霊前は使わないので、「御香奠」などを使うのが良いでしょう。
こちらも名前部分は表書きよりもやや小さくフルネームを書きます。



表書きは何で書くの?

書く時に気をつけたいポイントとして何で書くのか?ですが、ボールペンはNGです。
表書きと名前は筆と墨で書くのが正式ですが、最近では筆ペンもありますので筆ペンを常備しておきましょう。

慶事はめでたい事柄であり祝う心を込めて丁寧に書くので濃い墨文字になります。
弔事は悲しみの涙で墨が薄まる、または突然の事なので墨をする時間もないという意味で薄墨を使うのが習わしです。

薄墨タイプの筆ペンもありますので、用途で使い分けましょう。



内袋の書き方は?

のし袋の中にはもう一つの真っ白い中包みがついています。
この中包みの表側には金額を記載します。この時の金額の数字は正式には大字で書きますが、私たちが普段から使う漢数字でも構いません。例えば5千円ならば「金伍阡円」と書き、5万円なら「金伍萬円」のように書きます。

金額の前には「金」と書き記し、“也”は不要です。

大字の例

1「壱」 2「弍」 3「参」 5「伍」
10「拾」 百「佰」 千「阡」 万「萬」

裏面には左下方に氏名と住所を記入しましょう。ここで何故住所を書くのか?と疑問に思いますよね。これは、贈られた側の方がお返しを準備する際に必要となりますので親しい間柄であっても必ず記入しましょう。この時の漢数字は通常の漢数字で大丈夫です。

お金は中包の表側を上にした際に、お札の肖像画上になるように入れましょう。



これは気を付けよう!
お香典に新札を使うのははNGです。 新札ですとあらかじめ準備していたようで失礼とされます。ですが、人に差し上げる時は清潔なもの、綺麗なものを用意するのがたしなみ。 シワシワなお札や古いお札を入れるのも失礼となります。 弔辞では新札に一度折り目をつけてから入れます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
その時の用途によって表書きやのし袋のデザインは異なるものです。その用途に合わせた物を選び、書き方や包み方のマナーを身につけておきましょう。

最近では熨斗の表書きを印刷するものが多いですが、一生に一度の大切な節目となるシーンでの金封は必ず手書きにしましょう。
文字に自信がないからとパソコン印字などにしてしまうのではなく、丁寧にきちんと書かれた文字から気持ちが伝わるものですので手書きで書くようにしましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です