紫外線が目に与える影響は?充血した時の対策と予防法。

日焼け対策として多くの方が使用するサングラス。
実はこのサングラスしっかり選ばないと、目に悪い影響を与える可能性があるってご存知でしたか?

紫外線により目が充血したり、痛みが出てきたり。

日焼けをするのはお肌だけではなく、目にも影響を与えます。

スポンサードリンク

紫外線が目に与える影響とは?

夏場に外を歩いたり、車の運転をしているだけなのに目が充血した事ってありませんか?

紫外線にあまり強くない方などは、少し紫外線を浴びただけでも目が充血したり乾いたりといった症状が現れます。

もともと目には紫外線を防ぐ機能が備わっているんだそうです。
しかし長時間強い紫外線を浴びてしまうと、もちろん目にも影響があります。

白内障や黄斑変性症という、視界がゆがんだり目が見えなくなる病になってしまう事もあり、紫外線が影響を及ぼす目の病気は様々。

更に目から受けた紫外線により、肌にも影響があります。
目から受けた紫外線で角膜が影響を受け、脳に伝達してしまいます。
その防衛反応としてメラニン色素を生成し肌老化が進んでしまう原因にもなります。

このように目から受ける紫外線には、目の病気や肌の影響にも関係してきます。


目の紫外線対策方法は?

日頃から紫外線を直接目に受けないように対策するにはどうすればいいのでしょうか?

夏場になるとサングラスをかけて、紫外線対策をする方が多いと思います。
しかし仕事のの時などはサングラスをかけるわけにもいきませんよね。

最近ではコンタクトや眼鏡にも紫外線カットのものが出てきています。

コンタクトレンズを常用している方ならば、紫外線カットのレンズを使用するのが良いでしょう。
一方眼鏡であれば伊達めがねでも、度数を入れても紫外線カットレンズを入れてもらえます。この時しっかりメガネ屋さんで作ってもらうようにしましょう。


紫外線対策用サングラスや眼鏡の正しい選び方は?

紫外線対策としてサングラスを購入する際、色の濃い方良いかな?と思ったことありませんか?

実はこの色の濃いサングラスによって与えてしまう影響というのもあります。

もともと紫外線対策用のサングラスや眼鏡には、紫外線透過率が表示されています。この透過率は紫外線をこれだけ通しませんよという数字なので、数字が低いほうがより紫外線をカットしてくれます。

では、買おうとしていたサングラスが透過率の数字が低い数字ではなく、色の濃いレンズだった場合瞳にはどんな事が起こるのでしょうか?

私たちの目には暗いところでは瞳孔が開き、明るいところでは瞳孔が小さくなるようになっています。これは、暗いところではより光をより取り込むように、明るいところでは光の取り込む量を減らすように調節しています。

濃い色のレンズのサングラスを付けた際、暗闇の瞳のように瞳孔が開き光をより多く取り込もうとしてしまうので、安易に色の濃いレンズを選ぶのは注意が必要なのです。

ちなみに紫外線透過率は、「紫外線透過率1.0%以下」と表示されていると99%カットしますよという意味になります。
「カット率」を表示しているものもありあすので、購入する際はしっかりチェックしましょう。


紫外線で目が充血してしまった時の対処法は?

紫外線の影響で目が充血してしまった!
それは目が炎症を起こしているサインなので、しっかりケアをしてあげましょう。

一番効果的なのは、炎症を抑える成分の入っている目薬。
紫外線用目薬には硫酸亜鉛という炎症を抑えてくれる働きの成分が配合され、「UV」と記載のある目薬に含まれて市販されています。







上記のようにロートUVキュアや、バイシンUVなどのように近所のドラッグストアなどで販売されています。

紫外線用の目薬は炎症、充血をケアしてくれますので予め用意しておくと良いかもしれませんね。

まとめ

普段はあまり気にせず外に出てしまったり、サングラス選びもそこまで慎重に選んでいませんでしたが、目の病気に関わることを知ってちゃんと選ぼうと改めて思いますね。

紫外線が及ぼす影響はお肌だけではなく、目への影響も大きいですので日差しが強くなる季節に向けてしっかり対策していきましょう。

UV対策の目薬と同様に、充血・痛みが現れたときは濡れたタオルや氷を入れたビニールなどで目を冷やすのも効果的ですよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です