入学祝いの内祝いは必要?贈る時期と熨斗の書き方は?

新しいスタートとなる入学式を祝って、親戚の方々からお祝いを頂く事が
増える時期ですね。

お子さん方は新しい生活に胸をワクワクさせている一方で・・・
親には小さな悩みが。

入学祝いを頂いたけど、内祝いって必要なのかしら?

もし贈るならどのくらいのもので贈るのがベスト?

などなど、頭を悩ませる問題が浮上してきますよね。
今回はそんなお悩みを解決!「入学の内祝い」についてお話します。

スポンサードリンク

入学祝いの内祝いって必要?

本来入学祝いとは、直接子供をお祝いするものとして贈ります。
子供にはお返しをする経済力はありませんので、お返しはしなくてもよい
というのが基本です。

ですので親御さん方も内祝いを気にする必要はありません。

しかし感謝の気持ちを伝えるのは大切なことですので、お祝いを頂いた3日以内に
直接電話などでお礼を伝え、子供からも「ありがとう」と伝えればOK。

どうしても電話の折り合いがつかなかったり、気持ちを示したいのであれば
頂いたものを使っている写真や、入学式の写真などと一緒にお子さんと共に手紙を書き
感謝の気持ちを使えましょう。


お返しをする場合の相場は?

入学祝いを頂いた親戚や知人にどうしても何か贈りたい場合や、お返しをしなければ
ならない方から頂いた場合、だいたいどのくらいの物をお返しするのが良いのでしょうか?

一般的にはお返しをする際は頂いた物の半返しか、3分の1返しとされています。

お返しの商品で人気があるのは、お菓子やコーヒーなどの賞味期限があまり
気にならないような物や、タオルや洗剤などの日用品です。

この時に贈ってはいけないものもありますので注意しましょう。
お金、下着、腰から下に身につけるものはマナー違反とされています。


内祝いを贈るのはいつ?

入学祝いは入学式の前までに贈るものとされていますので、早めに
届く場合もありあります。

内祝いは一般的には、入学式の後に贈るものとされていますので日を開けずに
入学式から一ヶ月以内には贈るようにしましょう。

お子さんが直接お礼を言えるように一度訪問して直接渡すのが理想的です。
どうしても遠方などで訪問ができないのであれば、直筆の礼状と
写真を同封し配送するのが良いでしょう。
ただ送られてくるよりも、礼状とお子様からの手紙や写真が同封されていると
「贈って良かったな」と思うものです。

滅多に会う機会がないからなどの理由で、入学祝いをお正月や早めの時期に
頂くこともありますが、その場合も内祝いは入学式の後で大丈夫です。

しかし頂いてからかなり時間があきますので、どうしても気になるという事で
入学式を待たずに送る方もいらっしゃいます。

この場合失礼に当たるわけではありませんので、気になる方は入学式より先に
内祝いを贈っても問題はありません。

“内祝い”は地域によって違う!
地域によっては内祝いはお返しではなく、“お祝いごとの喜びを分かち合う”ための
贈り物と考え、祝ってくださった方々にお返しを兼ねて入学内祝いを
用意するという所もあるようですよ。

内祝いの熨斗はどう書くの?

熨斗

では内祝いの熨斗の書き方はどうすればいいのでしょうか?

まず入学式のような何度あってもおめでたいお祝いの場合は、何度でも
結び直せる蝶結びの紅白の水引がついた熨斗を。

表書きは上側(水引よりも上側)に「入学内祝」や、「内祝」と書きます。
下側(水引の結び目より下)は、お子様の名前を入れます。

この場合小学生くらいまでは下の名前のみを書く方が多いようですよ。


まとめ

せっかくのおめでたい日なので、小さな悩みでうんうん唸りたくないもの。

祖父母からしてみれば内祝いの商品よりも、可愛いお孫さんの晴れ姿が
何よりの贈り物となります。
「ありがとう」と喜んでいる姿や、入学式の晴れ姿を見ただけで大満足です。

近くに住んでいるのであれば一緒に食事などをし、直接お子さんからありがとう
を伝えるのも良いですね。

似顔絵やお手紙などはおじいちゃんとおばあちゃんにとって、とても嬉しい
ものとなりますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です