鯉のぼりと兜は両方必要?誰が用意するもの?

男の子いるご家庭では初節句のために、鯉のぼりや五月人形を
準備する時期となってきましたね。
初節句となれば、当然新しく揃えることになると思います。

最近ではマンションやアパートでも飾りやすいようにと、コンパクトなデザインの
鯉のぼりや兜なども登場しているので、比較的場所をとらずに飾ることが
出来るようですね。

しかし、鯉のぼりと兜ってどちらか一方だけではだめなのでしょうか?
両方用意しなきゃいけないものなのか?

気になる初節句の豆知識です。

鯉のぼりに関しての記事はこちら。
こいのぼりの揚げる時期としまう時期は?何歳まで出すものなの?

スポンサードリンク

鯉のぼりと兜は両方必要なの?

鯉のぼりは外飾りとし、我が子の成長と出世を願い飾ります。
兜は内飾りとして身の安全を祈願し、健やかに育つようにとの願いが込められています。

このようにそれぞれに飾る意味がありますので、本来であれば両方飾ったほうが良いようです。
しかし『必ずどちらも飾らなくてはいけない』という決まりではありませんので
ご自宅のスペースなどを考慮し、飾りやすい方を選んでも構いません。

実際に我が家では鯉のぼりを揚げられるスペースは無かった為、初節句には
あまり大きめではない物ですが立派な兜を頂きました。
鯉のぼりはミニチュアの物でも子供が喜ぶので、玄関などに飾るように
していますよ。

両方飾れるスペースがあるのであれば、子供の成長や健康を願い
飾ってあげたいものですね。


鯉のぼりや兜は誰が買うもの?

これについては、お住まいの地域や風習などによって異なるようですが
一般的には母方の両親が用意する事が多いようです。

理由としては、昔は同居をするのが当たり前だった時代です。
お嫁さんの両親が、娘の様子を伺う為にも孫の節句飾りを用意し
夫側の家に持って行っていたんだそう。

しかし地域によっては女の子の初節句の場合は母方の両親が用意し、男の子の場合は
父方の両親が用意するといった風習もあるようです。

可愛い孫の健やかな成長を願うものとなりますので、どちらの両親にしても
一大イベントとなります。
どちらかが用意しなければいけないというものでもなく、どちらも
「可愛い孫のために・・・」という気持ちで用意したいものなのです。

その気持ちをありがたく受け取り、皆でお祝いしたいですね。




どちらが用意するか神経質になる必要も無い?

実際は鯉のぼりと兜のそれぞれを、夫婦の両親が用意したり
「自分たちで揃えたい」と夫婦で用意したりと、家庭によって様々なようです。

ですのでそこまで神経質になる必要もなさそうですね。

あくまでも一つの例としてお話させていただきますが、我が家では
兜は両親(自分の親)がどうしても用意したいという事でしたので
お願いする事にしました。しかし、夫の両親も何かしたいと言うことで
結局はお互いの両親が一緒に兜を用意してくれました。

ひとつの兜を折半で用意したという形になります。

それからこどもの日にはお互いの両親を我が家に呼び、お祝いを皆で
するようにしています。

友人の中にも、両親にはお願いせずどうしても自分たちで用意したかったので
夫婦で用意したという方もいらっしゃいます。

それぞれの家庭によって形も様々ですので、初節句はどうするか
話してみるのも良いかもしれませんね。


まとめ

いかがでしたでしょうか?
無事に初節句は迎えられそうでしょうか。

初めての事ばかりだと、思わぬところで「これってどうするの?」と
疑問が浮かんできてしまいますよね。

今回のお話がご参考になれば幸いです。

あまり形にこだわらずに、せっかくの初節句ですから
皆でお祝いしてあげましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です