新入社員歓迎会の時の服装は?挨拶はどうすればいいの?気になるマナー。

そろそろ新入社員の歓迎会なども少しずつ増えてくる時期となりましたね。
新しい場所でドキドキとワクワク、両方の気持ちが湧き上がり
これから新たな出会いや新たな挑戦など、新しいことがたくさん。

新しい職場で歓迎会をし、お互いの親睦を深められる場が用意されるかと思います。

しかし、初めての歓迎会・・・。

どんな服装で行けばいいのか?
挨拶とか絶対する事になるよね・・・何て挨拶の言葉を言えば・・・

と不安が頭の中にグルグル・・・。

せっかくの歓迎会を存分に楽しむためにも、しっかりチェックしておきたいですね。

スポンサードリンク



歓迎会の時の服装は?

職場からそのまま歓迎会へ行く場合は、深く考えずに仕事の時に着ていく
スーツなどで良いので、考えずに済みそうなものですが・・・

仕事場では制服を着ていたり、お休みの時に行く場合はどうしても悩みがち。

歓迎会を行う場所などにもよると思いますが、例えば居酒屋やラフな場所なので
あれば気張る必要もなく、私服すぎずにおとなしめの服装が良さそう。

女性ならばパンツにブラウスや、スカートにブラウスなどの
いわゆるオフィスカジュアル程度の服装がお勧め。

男性ならばスーツを着ていくのが無難ではありますが、普段からスーツを
着ていないのにいきなりスーツで来たら「おぉ。気合入ってるねぇ~」となりかねません。
この場合はシャツにパンツ、ジャケットなどの少しラフさのある程度が良いかも。

もしホテルなどを貸し切って行う場合ならば、ラフすぎる服装はNG。

かといって髪型もばっちり決め込んで結婚式のような服装だと、浮いてしまう可能性も。

女性ならキレイめのワンピースにカーディガンなどの、ほんの少しラフさを入れた
キレイめスタイルや、先ほどのオフィスカジュアルにジャケットを合わせたような
服装が無難。

ミニ丈のスカートや髪の毛をアップにするといった派手目な装いはせずに
スーツや膝丈、パンツなどでおとなしめの軽い正装が良いでしょう。

男性の場合はしのごの言わずにスーツ!
これはだいぶ選択肢が狭められ、迷う必要がなく楽チンかもしれません。
ホテルなどのかっちりした場でフォーマルに行うならば、スーツで行くのが良いですね。




歓迎会での挨拶はどうすればいいの!?

服装と同じくらいと言うか、服装よりもこの事で頭がいっぱいに
なってしまう方が多いのではないかと思われる、歓迎会での挨拶。

これから一緒に働いていく先輩や上司、同僚たちに向けての挨拶なんて
緊張して頭が真っ白・・・。

なんて事にならないように、今からどんな事を話せばいいのかチェックしておきましょう。



自己紹介のポイント
・自分の名前
・出身地や出身校
・自分ならではの趣味や特技
・仕事への意気込みや熱意
・将来の夢

以上の事柄を含めなるべく簡潔にまとめましょう。
理想は3分程度。

以上のポイントを踏まえて考えるとスムーズに思いつきませんか?

名前が珍しい場合や、出身地に特徴的な行事等があれば
プラスアルファでその話をするのも良いでしょう。

趣味や特技についてですが、自分を知ってもらうことがこの自己紹介の
目的なので、「野球が大好きでよく観戦に行きます」といえば、野球好きの
上司からお誘いがあり仲が深まるきっかけとなるかもしれません。

同じ趣味や好きなことを知る機会にもなり、話題の広がる種とも
なりえますので、自分自身が楽しめるような話題で緊張をほぐしましょう。

最後に仕事への熱意や意気込み、将来の夢とドドーンと詰め込みましたが
これはやはり、これから一緒に働く社員が何を目指しているのか?上司や先輩は
気になっている事でしょう。

燃え盛る炎のようにメラメラと伝える必要はありませんが、その炎をチラチラ
見せる程度には引き出しておきましょう。

将来の夢も大きな野望というよりは、近い将来叶えることの出来そうな
可愛い夢などでOKなので、あまり気張りすぎない内容で大丈夫です。



自己紹介とは・・・?
この自己紹介は、あなたの事を知ってもらうための挨拶。
あなたがどんな人なのかを知るためのものなので、等身大のあなたを
知ってもらうチャンスです。
“自分を良く見せよう”とか“失敗しないようにしなきゃ”などとは
考えずに、自分の事を皆に知ってもらうという所に重点を置けば
少しリラックスしてお話できるかもしれませんね。


気をつけたいマナー!

最後に歓迎会で知っておきたい、気をつけたいマナーについて。
入社早々がっかりされないように、基本のマナーは押さえておきましょう。

◆なるべく出席する
歓迎会はただの飲み会ではなく、会社として開く場です。
日頃顔を合わせることの少ない上司や、先輩などもその場に出席していたり
上司や同僚などとコミュケーションをとる場でもあるので、なるべく
出席するようにしましょう。
急用などでどうしても参加ができなくなった場合は、早めに幹事に伝えましょう。

◆時間厳守 遅刻は厳禁
これは社会人としては当たり前ですが、遅刻は以ての外!
時間よりも早めに待ち合わせ場所に行くようにし、お店で直接待ち合わせの場合
には、先輩、上司が到着していないのであればお店の前で待つようにしましょう。

◆新入社員の座る位置
一般的に入口から一番遠い場所は「上座」といって、一番年長者の方が座ります。
反対に入口から一番近い位置は「下座」といって末端の社員等が座ります。
新入社員で主役の場合は、もしかすると座る位置が決められている場合が
あるかも知れませんが、いきなり上座に座るのはやめましょう。

◆注文は率先して聞く
乾杯の時などに先輩のグラスがない!なんて事が起きないように
全員にグラスが行き届いているかチェックしたり、積極的に注文を聞き
店員に伝えるなど、視線の端っこで皆のグラスなどをチェックしておきましょう。

◆乾杯の時の注意点
乾杯のあとはグラスの中身を一口飲むのがマナーです。
口をつけずにすのまま机にグラスをおくのはNG。
例えお酒が飲めなくても、形だけでも口をつける仕草をしましょう。


まとめ

ちょっとしたマナーを知っておけば、どうしよう!とあたふたする事もなく
無事に歓迎会を楽しむことができそうですね。

行くまではどうしても服装・挨拶など、「大丈夫かな・・・」と不安になる事も
ありますが、先輩や上司のことを知り、自分を知ってもらう場として考えれば
少しはリラックスすることができるのではないでしょうか。

笑顔でハキハキと話せば好印象ですし、これから一緒に働く人達との
話しやすい雰囲気作りも大切です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です