暑中見舞いを送る時期はいつ?気になる書き方とマナー。

暑中見舞いとは一年で最も暑さが厳しい時期に、自分の近況報告も兼ねて
知人や友人などの健康を気遣い、挨拶をしますよね。

暑中見舞いを書こうと思っていたのに、時期が過ぎてしまったかも!
そもそも残暑見舞いとするのはいつからなんだろう?

意外と知らない暑中見舞いと、残暑見舞いの正しい時期。

時期を間違えずに出すためにも知っておきたいマナー。

スポンサードリンク

暑中見舞いの時期はいつからいつまで?

syochumimai3

暑中とは、二十四節気の「小暑」と「大暑」にあたる時期のこと。
(小暑は2015年で言うと7月7日頃~7月22日頃、大暑は7月23~8月6日頃)

暑中は夏の土用(立秋の18か19日間)の期間に送ります。

立秋を過ぎたら、どんなに気候が夏真っ只中でも暦の上では秋。
秋になっても残っている暑さなので、残暑となります。

2015年の暑中見舞いはいつ?
2015年は7月7日~8月8日(立秋)の期間が暑中見舞いとして送る期間となります。
8月8日を過ぎたら残暑見舞いとなります。
地域によって異なるようですので、ご参考までに。


暑中見舞と残暑見舞いで注意する事は?

実際に書こうと思っても、ここで新たな疑問が浮かびます。

送る時期が違うだけで便りの内容は同じで良いのか?
という疑問です。

これは相手の健康を気遣ったり、自分の近況報告などは同じで
構いません。しかし、暦が秋になる残暑見舞には「盛夏」などの言葉は使わずに
「晩夏」や「立秋」、「葉月」などの言葉を用いましょう。

季節の挨拶状には、その時の寒暖や情感に合わせた表現が大切なので
相手の地域の気候などによって、文面を変えるのも良いかもしれません。


暑中見舞いの書き方

では実際に暑中見舞・残暑見舞いとは、どのように書けばいいのか。
決まりはないものの、上手な書き方が知りたい!

一般的には「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語は不要。
・季節の挨拶…暑中(残暑)見舞い申し上げます
・相手の安否を尋ねる言葉
・自身の近況を伝える
・相手の体調を気遣う言葉
・日付…「○○年盛夏」もしくは、○月○日

主旨は猛暑期に相手を気遣う事なので、文章はなるべく簡潔にまとめて
涼しげのあるイラストを取り入れましょう。

暑中見舞い例文

暑中お見舞い申し上げます。

梅雨も明け毎日暑い日も続いておりますが、お変わりなくお過ごしでしょうか。
おかげさまで私ども一同は元気で過ごしておりますので、ご休心ください。
昨年にもまして厚さが厳しく感じられます。
皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。

26年盛夏


暑中見舞を出していない人からハガキが届いた場合は?

これはどの季節の挨拶状でも同様ですが、先に書状をいただいた場合は
お礼状を必ず出すのがマナーです。

礼状は普通の暑中・残暑見舞いとして書き、一言「ご丁寧に暑中見舞いをいただきまし
て、ありがとうございます。」などの一言を添えましょう。

暑中見舞の書き方と同様で構いませんが、お礼と挨拶を兼ねた言葉を記しましょう。

まとめ

最後に…
暑中見舞いや残暑見舞いは年賀状などに比べると、自由な表現が許される
挨拶状となります。

冒頭に「暑中お見舞を申し上げます」などの暑さを見舞う言葉で始まり
暑さを見舞う趣旨を守れば、内容には様々なお知らせを兼ねることもできます。
時期はずれの報告にならないように注意すれば、引越しや結婚、
出産などを報告する書状に便利です。

何かの報告と兼ねるのであれば、写真付きの葉書などが良いかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です