父の日由来は?シンボルのお花って何?花の色の意味は?

6月の第3水曜日は父の日ですね。

「いつもありがとう」という気持ちを込めて、お手紙を書いたり
何か贈りものをしたり感謝の気持ちを伝える日として過ごしていると思いますが

一体いつから父の日となったのでしょうか。

母の日と同様に父の日も海外発祥だという事をご存知でしたか?

スポンサードリンク

父の日の由来って何?

父の日はアメリカ発祥の記念日です。

南北戦争に関係したお話しで、ワシントン州のソラノ・スマート・ドッドという
女性のお父さんに関係しています。

ソラノは幼い頃に南北戦争を経験しています。
父が招集され南北戦争に行ってしまい、その後は母がソラノを含む6人の子供を
育てていました。

しかし父の復員後の過労で亡くなってしまいます。
その後6人の子供を男手一つで育て上げ、子供たちが成人しその姿を見届けた後
この世を去ってしまいます。

そしてソラノは牧師教会に「母の日があるならば、父に感謝する日も作りましょう。」と、働きかけます。
1910年6月19日に祝典を実現させた事が由来となっています。


母の日がカーネーションなら父の日は?

では父の日って何の花がシンボルフラワーなんでしょうか?
父の日というと黄色いバラのイメージですよね。

父の日のシンボルフラワーは「バラ」

由来としては先ほどのソラノが、“父の墓前にバラを供えた”という事や、
“バラの花は十字架にかけられたキリストの血の跡部分に咲いた花”という説も
あるようです。


バラの花の色にも意味があるの?

そして母の日のカーネーションと同様に、父の日のバラの花にも色によって
意味を持ちます。

◆赤・・・存命する父がいれば赤のバラ

◆白・・・父が亡くなっている場合は白いバラ

どちらも私たちのよく知る黄色いバラではありませんよね。
では黄色いバラにはどのような意味があるのでしょうか?


黄色いバラの意味は?

日本には1981年に「日本ファザーズデイ委員会」設立され、そこが行う
“父の日黄色いリボンキャンペーン”というのがあります。

ベストファーザーイエローリボン賞も、この父の日黄色いリボンキャンペーンの
一環なんですよ。

この「黄色」は幸せの幸福の象徴であることから、父の日のイメージカラーとし、
バラの黄色と融合して黄色のバラを贈る事が定着したそうです。

もう一つはイギリスでは黄色は身を守る色と言われおり、アメリカに伝わり
“戦場へと行った愛する人の無事と、帰還を願うシンボル”とされ玄関のドアなどに
黄色いリボンを結ぶようになった事が元となっているという説も。




まとめ

いかがでしたでしょうか?

どの国でも母や父を敬い、大切にするという気持ちは同じですね。
2015年の父の日は6月21日です。

「ありがとう」の感謝の気持ちを込めて、お父さんに言葉や贈り物で
気持ちを伝えてみましょう。

幸せの象徴の「黄色」にちなんだ贈り物も良いかな?なんて思いますね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です