5月に紫外線が多い理由は?UVA波って何?

いつでも女性を悩ませる、シミ・シワ・たるみ。
今すぐ無くして欲しい!と願わずにはいられないですよね。

そのシミなどの原因となる紫外線。
この紫外線が5月が一番多いというのをご存知でしたか?

夏の方が太陽が照りつけて暑いから夏の方が多いんじゃないの?
と思いがちですが、5月が一番多いんだとか。
気になるその理由とは・・・?

スポンサードリンク




紫外線が5月に多い理由は?~その1~

紫外線には「A波」と「B波」、そして「C波」の3種類があります。

・A波はメラニン色素の生成を促して日焼けを起こす紫外線。

・B波は肌が炎症を起こしてしまい火傷の状態に。
やがてシミやシワを引き起こす原因に。

・C波はオゾン層に阻まれる為、地上に届くことはありません。

オゾン層での吸収がほとんどされないA波は、5月には真夏とほぼ同じ
量降り注がれる事が考えられるんだそうです。

そしてA波は一年のうちで最も日が長く、太陽が高い位置にある6月に
地上に降り注がれるものなのですが、日本では6月といえば梅雨の時期。

梅雨時期といえば曇りや雨でどんよりした日が多いので、5月が最も
紫外線が多いとされています。


5月に紫外線が多い理由は?~その2~

5月になるとやっと来たポカポカ陽気についつい油断してしまう時期。

多くの紫外線A波が降り注いでいるのに、「真夏ほど暑くなから・・・」などと
油断してしまうというのも一つの理由です。

まだ大丈夫だろうと日焼け対策をしない場合も多く、部屋にいるときや
曇りだからなどと気を抜いていると、日焼けの原因となってしまうので
気をつけましょう。


紫外線A波って?

このUV Aと呼ばれる紫外線A波は、肌の奥深く(真皮)まで到達します。

じわじわと私たちのお肌に様々な影響を及ぼしてき、シミやシワの
原因ともなっていくわけです。

ハリや弾力の低下まで招いてしまうんです。

更にA波はガラスをすり抜けてくるんだとか!
自宅や窓際にいるときにも、気を付けないといけませんね。

安心してしまいがちな水の中でも注意が必要ですよ。

暖かくなってきたからといって気を抜かないようにしましょう。


まとめ

暑さは紫外線ではなく、赤外線によるものなので
必ずしも暑さと紫外線がセットというわけではないようですね。

一度日焼け度目を塗ったからといって安心するのは禁物。
汗や擦れなどにより落ちてしまう事もあるので、しっかり対策するのであれば
数時間おきに塗り直す事がポイントです。

4月や5月からシミ・シワなどの原因撃退の為にも、紫外線対策を
しっかり行っていきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です