お歳暮やお中元やめても良いの?タイミングは?やめる時はどうする?

長年続けてきたお中元やお歳暮。

そろそろ贈るのをやめたいな…と思っても、やめていいものなのか?
失礼にならないのか?など頭を悩ませてしまします。

お世話になった方へ感謝の気持ちを込めて贈るお中元やお歳暮ですが、仕事の退職で疎
遠になった方や、数年に渡り直接のお付き合いがない親戚や知人など、交流が薄れてし
まった方へ送り続けるのは、お互いにとって負担になりますよね。

そもそもお中元やお歳暮って途中でやめても良いものなのでしょうか?

スポンサードリンク



お中元・お歳暮は途中でやめてもいいの?

お中元やお歳暮はお世話になっている方へ贈るものになりますので
疎遠になってしまった場合は、贈られる側も気兼ねしてしまうものでしょう。

ですので、途中でやめてもマナー違反というわけではありません。

しかし一度限りで終わらせてしまうのは失礼に当たります。


やめるタイミングは?

以前はお付き合いがあったが今では疎遠になってしまった方や、引越しや退職などから
お付き合いがあまりなくなった、などの場合はやめ時と言えます。

仲人などをして頂いた場合ですが、一般的には三年が目安と言われています。

三年・五年という区切りの良い時期や、子供の進学や定年退職をきっかけに
やめるというのもタイミングの一つです。


やめるときはどうすればいいの?

基本的には『今から贈るのをやめます』などのお知らせは必要ありません。

近い間柄の親しい親戚などであれば、“お互い今年で最後にしましょう”などと
連絡をしお互いに話し合えば良いです。

しかし、お世話になっている方や、目上の方の場合はそうもいきませんよね。

一般的には“倍返し”といって、倍の金額の贈り物をする事で『今後は贈らなくて結構で
すよ』という意思表示となります。
この際は、今後は気遣いは無用ですという旨を手紙で添えましょう。

今後もお付き合いを続けたい場合などは、お中元を贈るのではなく暑中見舞いの
葉書を出し、お歳暮だけ贈るというのも一つです。

お中元・お歳暮もやめるのであれば、最後のお中元・お歳暮の際に今回で贈るのをやめる旨と、「長年お世話になりました」などの一言を手紙を添えるのが良いでしょう。

今年からもう贈るのはやめる!といった場合は、まずお中元は贈らず暑中見舞いの
葉書を出します。

そしてその年は、お歳暮のみ贈りましょう。

お歳暮も同時にやめる場合は、お中元をやめた次の年から贈らないようにし、
いきなりパッタリとやめるのではなく、徐々にやめていきましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

長年続けてきたお中元やお歳暮は、なかなかやめにくいイメージですが
やめる旨を一言添えれば良いようですね。

無理をしてまで贈る必要はなく、逆に気を使わせてしまう場合もあるかもしれません。

お中元やお歳暮は“気持ち”ですので、贈る際には今後もお付き合いがあるのかどうか
見直すのも良いかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です