梅雨時期の体調不良の原因は?気になる予防法と改善法!

梅雨の時期になると、“なんだか頭が重い”や、“体がダルイ”などの症状に
悩まされた事はありませんか?

私自身も梅雨時期になると、頭痛がひどくなり頭が重く感じます。
何をするのもやる気が起きず、気持ちの問題なのかとても不安になりました。

何か原因があるのか気になったので調べてみると、梅雨という気候と関係がある事や
その体調不良の症状も、人によって様々であることを知りました。

梅雨特有の体調不良、一体どのような症状が起こるのか?

気になる原因と、改善方法などポイントでまとめてご紹介します。

スポンサードリンク

主にどんな症状が多いの?

この症状は人により様々ですが、主に見られる症状は頭痛、頭が重い、体がだるい、
食欲不振、疲労感、浮腫み、思考力の低下、めまい、下痢、イライラするなどです。

これらは自律神経のバランスが崩れ、乱れてしまった事が原因となり
頭痛やだるさなどの症状として現れるそうです。

また梅雨時期は多湿な環境となるため、湿気により体に水分が蓄積されやすくなります。

これらが原因となって体温が下がり、新陳代謝の低下でいつもより浮腫が気になったり
疲れがなかなか取れない、などと感じる事もあるようです。

これらの症状は一体、何が原因で起こるのでしょうか?


梅雨時期の体調不良の原因は?

梅雨の時期に急増する体調不良の原因は、はっきりとは分かっていないんだそうです。

しかし、この時期の気候の変化などが原因で、体調不良が起きている事が
考えられています。

この時期は晴れたり雨が降ったりと、日毎の気候が変わりやすく、更に気温差も
激しくなっています。

それに加え気圧の変化も起こりますので、身体には大きなストレスとなります。

この気候や気圧の激しい変化は身体にとってストレスとなり、自律神経のバランスが
乱れ、ダルく感じたり頭痛などの症状となって現れます。

このように季節の変わり目に起こる気圧や気候の変化が原因で、体や心にストレスを
もたらすのを総じて気象病と言うんだそうです。

季節の変わり目にはこういった“なんとなく体調が悪い”というのが起こりやすい
時期だとも言えますね。

このような症状を改善するためには何が効果的なのか?

普段の生活から取り入れていける改善法を見てみましょう。

梅雨時期の体調改善対策・予防法は?

身体がだるい、頭が重いからといって何もしないのでは良くなるどころか
気持ちまで滅入ってきてしまいます。

この時期でも元気に毎日を過ごすために、体調を改善するにはどうすればいい
でしょうか?

◆適度な運動をし、体を動かす

なるべく外出するように心がけたり、軽いストレッチや簡単なエクササイズで体を動かし
適度な運動をするようにしましょう。

運動により筋肉を刺激して血行や新陳代謝を促進し、体の中の余分な水分や
老廃物を排出します。

◆お風呂にゆっくりと浸かり、老廃物質を出す

ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、汗を流し体を温めます。

新陳代謝も活発になり血行促進効果や、汗をかくことでリフレッシュでき、
就寝前に入浴することでリラックス効果も得られます。

◆しっかりと睡眠・休息を取る

体調不良の原因となる、自律神経の乱れを起こさない為にも、日中の活動との
リズムをきちんと分けて、生活にメリハリをつけることが大事です。

夜はしっかりと睡眠をとり、体と気持ちをリラックスさせ休息しましょう。


まとめ

日頃から正しい生活習慣を心掛けることが大切なようですね。

運動や入浴などは、自分の体調に合わせて無理なく行うようにし、日常的に
体を動かすように意識した生活をしたいですね。

体調不良を感じている時こそ食事はとても大切。
栄養バランスの整った、規則的な食事を心がけるようにしましょう。

梅雨の時期には胃腸の動きも衰えやすくなるそうです。

冷たい飲み物の飲みすぎや暴飲暴食などは控えるようにし、胃腸に負担をかけないよう
にするのも、予防の一つです。

季節の変わり目などに負けず元気に過ごす為にも、日頃から正しい生活習慣を意識して
いきたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です