結婚で苗字が変わった時、銀行とクレジットカードの氏名変更時の引き落としはどうなるの?用意するものは?

スポンサードリンク

結婚をするにあたって苗字が変わる場合、使用している銀行やクレジットカード、印鑑や保険証等の様々な氏名変更手続きをしなければなりませんよね。

今回は銀行・クレジットカードに関しての氏名変更についてお話しさせて頂こうと思います。
変更の際に必要な物や、不安になってしまう引き落としについてなどをまとめておりますので、実際に変更しなければならなくなった場合のお力になればと思います。

スポンサードリンク

氏名変更の時に用意するものは?

まずは、銀行とクレジットカードの氏名変更の時に必要な物を用意します。

○銀行
・通帳/証書(複数口座の場合は全て)
・キャッシュカード(複数の場合は全て)
・お届け印(口座ごとに異なる場合は全て)
・新しく使用するお届け印(シャチハタではNG)
・新氏名が記載された確認書類

確認書類は主なものだと有効期限内の免許証や個人番号カード、保険証等になりますが、通帳やお届け印を紛失して持参出来ない場合には、限られた確認書類が必要になります。
それぞれの銀行の公式ホームページを予め確認しておきましょう。

そして、銀行に行く前に新姓の印鑑を作っておく事が必要となります。書類に記入する際に旧姓と新姓の印鑑を押す場所がありますので、こちらも予め作成し用意しておきましょう。

○クレジットカード
・クレジットカード
・印鑑
・身分の証明出来る必要書類

クレジットカード会社にもよりますが、私の場合はカード会社の公式ホームページの氏名変更用の資料請求にて申請しました。
この場合は身分証などの必要は無く、カード申し込み時のような書類に記入をし新姓の印鑑を押して郵送するのみでした。

窓口などで行う際には身分証等が必要になる場合もありますので、どういった証明書なら受付可能か確認しておきましょう。

銀行とクレジットカードどちらの変更を先にするの?

銀行とクレジットカードの氏名変更はどちらを先にするのが良いのか?
これは、出来れば同時に行うのが望ましい思います。

銀行には給与振り込み等、クレジットカードカードを使用していれば引き落としの関係もありますので、どちらかを先にしてどちらかを後に回すというよりは、同時に変更の申請を出した方が良いでしょう。
(この時に疑問に思う引き落としについては次にお話しします。)

銀行の氏名変更の際には旧姓の印鑑と新姓の印鑑が必要になりますので、申請をする前に印鑑を用意しておきましょう。

氏名変更手続き中の引き落としはどうなるの?

クレジットカードの氏名を変更している間に引き落としになった場合、どうなるんだろう?
と支払いに関しても不安になりますよね。

クレジットカードの氏名変更をする場合は、カード番号なども新しくなる為、新しいカードが出来てくるまでに時間がかかります。(だいたい1週間前後かかりました)
この新しくカードを作成している間はクレジットカードが使用できなくなりますので、公共料金等の引き落としに設定している場合は注意が必要です。

銀行やクレジットカードの氏名変更が済んでいたり申請中で、新しいカードを作成している間に丁度引き落とし日になった場合、銀行の引き落とし先の氏名とカード名義(苗字)が異なる事になりますよね。
その時に引き落としはちゃんと行われるのかカード会社に確認した所、口座番号が変わってなければ殆どの場合引き落とされるという事でした。
万が一引き落とされなかった場合は、お電話を下さいとの事だったのですが、実際は私の使用している2社ともちゃんと引き落としがされていました。

クレジット会社にも苗字が変わり変更申請を出しているという事と、口座の氏名は変更済みだという事を伝えておけば引き落とされなかった場合でも対応してくれるという事でした。

銀行の氏名変更の場合、口座番号はそのままなので正常に引き落としがされると思います。
氏名変更の申請をしている間に引き落とし日が被っている場合は、一度クレジットカード会社に問い合わせ、氏名変更の旨を伝えておくと安心です。

最後に

銀行やクレジットカードとお金に関係するものを先に済ませておくと、少し心が軽くなる気がしますよね。
他にも色々と氏名変更しなければならない物はありますが、入籍時に一番心配だったことを今回はお話しさせて貰いました。

これからの新しい生活が素敵な日々になりますように、少しでもお役に立てればと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です