卒業式・入学式の母の服装選びのポイントとは?

もうすぐ卒業式や入学式のシーズンとなりますね。

この時期になるとお母さん方の悩みとなるのは『何着ていこうかな…?』ですよね。2月頃になるとデパートやネット通販のページなどでも卒業式・入学式のお母さんたち向けのスーツやワンピースなどが目立つようにレイアウトされ、何を着ていこうか悩んでしまうかと思います。

今回はそんな卒業式や入学式の服装選びのちょこっとポイントを年代別にまとめてみました。

ちなみにこれは個人的に知り合いの方や周りのママ友などから得た情報をまとめていて、一番多かった40代から50代、そして30代の順番でご紹介していきます。

スポンサードリンク

40代母の服選びポイントとは?

自身もスーツやワンピースやスカートのスーツを選ぶときに気をつけているのはスカート丈です。

上品な雰囲気で着こなせるように膝にかかる程度の丈で、スッキリ見えるものを選ぶようにしています。なるべく若々しく見えるように着こなしたいと思うのですが、選び間違えてしまうと上品さに欠けてしまうかもしれません。

明るい色を選ぶ時には白系やベージュ系の落ち着いた明るめカラーを選び、引き締めカラーのグレーや黒などの濃い色味の場合にはコサージュやアクセサリーなどに明るい色を使って華やかさをプラス。

黒系の色が安心する…と選ぶ人も多いと思いますが、小物使いで明るい仕上がりにしないとお肌がくすんで見えたりすることもありますので顔周りは明るく見えるように気をつけましょう。

下記のようなロングタイプのスカートを合わせても上品で華やかな印象になります。コサージュやパールのネックレスなどで明るい顔映りにすると良いです。

50代の服選びのポイントとは?

50代の方にちょこっと聞いてみたのですが、卒業式や入学式に選ぶのはスーツタイプの物を選んでいるようです。ワンピースでもジャケットとセットになっているスーツタイプを選びカッチリしたデザインにするそう。

スーツなどを選ぶときに気をつけているポイントは40代同様に肌のくすみや全体的に明るく、上品に見えるようなものを気をつけているとの事でした。

上品さが出るグレー系の色味や千鳥格子などの柄もの、ツイードなどを選び上品さを重要視しつつ華やかになるデザインものにし、アクセサリーなどはシンプルに控えめなアイテムを選ぶようです。

そして首元はノーカラーのものなどを選び胸元、首元の大きく開きすぎないアイテムをちょいすしスッキリ見せつつも気になる首のシワなどを気にならないようにアクセサリーでカバーすると気にならないそうです。

スカート部分が上品なレース素材だと足元が重くならずに、膝が隠れて上品さと足元の不安を解消できそうですよね。




スポンサードリンク

30代の服選びのポイントとは?

30代の世代はまだまだ若いママさんなので、服選びの幅は広くなると思います。

春の明るい雰囲気を取り入れスーツやワンピースもパステルカラーの物を選んでも良いですし、フォーマルなブラックなどでもOKですね。

ブラックなど濃い色合いを取り入れる場合は上記でもご紹介しましたが、アクセサリーやコサージュなどで明るさを入れると良いようです。

しかしここでもスカートの丈には気を配りたいもの。短すぎるスカート丈はこういった場にはそぐわないので、膝にかかる程度のスカート丈か少し短くても膝がギリギリ出ている位いのものを選び上品なスタイルにするのが良いでしょう。

足元はストッキングを履きパンプスを合わせましょう。

最後に

全ての世代を通して言えることはフォーマルスーツでコーディネートした場合には、小物やアクセサリーなどで春らしさや明るさを取り入れて華やかに仕上げてあげること。

あくまでもお子様が主役の、子供の成長を実感できる舞台ですので派手すぎず、地味すぎずというのがポイントです。キラキラするアイテムなどはなるべく避けアクセサリーもシンプルな物を選びましょう。

お子様と思い出に残る素敵な卒業式や入学式をお過ごし下さい。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です