恵方巻きの由来とは?まるかじりの意味は?

最近では節分と同じようにスーパーやコンビニに行くと恵方巻きが売られているのを目にしますよね。

このお恵方巻き今となっては広く知られていますが、一体いつから今のように季節の行事として行われるようになったのでしょうか?

今回は恵方巻きについてまとめています。


恵方巻きの由来とは?

恵方巻きはもともとは『太巻き寿司』や『丸かぶり寿司』と呼ばれていたのをご存知でしょうか?

江戸時代から明治時代にかけて大阪の花街で、商売繁盛を祈っていたり節分をお祝いしていたのが始まりだと言われているようです。

節分の花街では芸子達が商売繁盛を願い芸遊びをしながら恵方巻きを食べていたんだそう。

この時に食べられていた太巻き寿司や丸かぶり寿司も、恵方巻きと同じく七福神にちなんで七つの具材を入れて巻いていたことから7つの具材を入れるのが基本の形となりました。

ちなみに大正時代には大阪の花街で節分の時期にお新香を巻いた海苔巻きをを恵方にムカて食べて縁起を担いでいたという説もあります。

どの説を見ても商売繁盛や縁起など良い気を呼び込むために行われていたのが始まりなんですね。




どうして無言で1本丸かじりするの?

恵方巻きを食べる時にはいくつかルールがあるのをご存知でしょうか。

・一人一本太巻きを用意する
・その年の恵方に向いて食べる
・願い事をしながら無言で黙々と食べる
・一本を切らずに食べる


これだけ見ると何で無言で黙々と食べるの?どうして…?と思いませんか?

実はこれにはちゃんと理由があるんですよ。

無言で食べるというのは口から福が逃げないようにするためなんだとか。そして切らずに食べるのは縁を切らないようにするためです。

そして一人一本用意するのには一本まるごと食べることで商売繁盛や幸福などの良い運を一気に頂くという事を意味しているんだそうです。
せっかく恵方巻きを食べるのならお喋りを少しの間我慢して、福をしっかり呼び込むように食べたいですね。


ここまで広まったのはいつ頃なの?

さて、では今のように広く恵方巻きが食べられるようになったのは何時頃なのでしょうか?

これはクリスマスにはチキン!というのと同じく仕掛け人が居たのです。1989年にあるコンビニエンスチェーンが広島県で太巻きを売り出したのが始まりなんだそう。

その売り出す際に『恵方巻き』という名を付け販売を開始したところあっという間に全国に広がりを見せ、今のようにスーパーや百貨店などどでも目にするようになったんだとか。

7種類の具材を使ったオリジナルの恵方巻きを作る方も増えているようですので、自分の家庭の恵方巻きというのを見つけてみるのも楽しみの一つになりそうですね。


まとめ

恵方巻きの定番具材は
・しいたけ
・かんぴょう
・えび
・うなぎ
・だし巻き
・でんぶ
・きゅうり
という縁起を担いだそれぞれ7種類の具材が使われていますが、最近では7種類に限定せずに作られていることも多いようですね。

せっかく七福にちなんでいるので縁起の良い7種類の恵方巻きで福を呼び込みたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です