春彼岸の時期と期間は?2016年の春彼岸はいつ?

お彼岸は春と秋の2回ありますが、2016年の春彼岸はいつから彼岸入りするのでしょうか?

そしてお彼岸の期間や春彼岸のお供え物についてまとめています。

新しい季節である春のお彼岸にお墓参りに行き、お墓のお掃除とご挨拶をしに行きましょう。

スポンサードリンク

春彼岸の時期や期間は?

春のお彼岸は3月の春分の日の前後3日間のことを指しています。

春分の日を中心にした前後3日間の7日間ありますので、彼岸入りから彼岸明けまでにお墓参りなどに行きご先祖様を敬います。

ちなみに秋は秋分の日を中心とした前後3日間です。

春彼岸も秋彼岸も季節の変わり目にあたりますので、暑さ寒さも彼岸までという言葉の意味がここで分かりますよね。

では2016年の春彼岸はいつなのでしょうか?

2016年の春彼岸はいつ?

2016年の彼岸入りから彼岸明けまではいつになるか見てみましょう。

・3月17日(木) 彼岸の入り
・3月20日(日) 春分の日 中日
・3月23日(水) 彼岸の明け

この中心となっている春分の日は毎年変わりますので、2016年以降はまた異なった日付となります。

◇2017年
・3月17日(金) 彼岸の入り
・3月20日(月) 中日
・3月23日(木) 彼岸の明け

◇2018年
・3月18日(日) 彼岸の入り
・3月21日(水) 中日
・3月24日(土) 彼岸の明け

◇2019年
・3月18日(月) 彼岸の入り
・3月21日(木) 中日
・3月24日(日) 彼岸の明け


春のお彼岸のお供え物とは?

お彼岸のお供え物といえば「おはぎ」と思い浮かべますが、春のお彼岸もおはぎをお供えしても良いのでしょうか?

一般的には春に供えるのは「ぼたもち」なのです。

でもぼたもちやおはぎと聞いてもどちらも同じではないのかと思いますよね。おはぎとぼた餅の違いは、おおはぎは粒あんでぼたもちはこしあん。

どちらも小豆には邪気を払う効果があるとされ供養などに使われてきました。

その他にはご先祖様の喜ぶものをともにお供えしてあげましょう。

まとめ

ぼたもちやおはぎなどはお彼岸には欠かせないお供え物になりますので意外と皆が持ってきたりしますよね。

日持ちもしないものになるので我が家ではお供えして持ち帰れるように少しだけパックに入れて、残りは親戚や家族皆で食べるというのが楽しみとなっています。

秋だけでなく春のお彼岸にもご先祖様に感謝の気落ちを伝えないとですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です