雛人形を飾る時期はいつからいつまで?しまう時の注意点とは?

3月の3日には女の子が嬉しいひな祭りですね。

小さい時に自分のためにお雛様が飾られるのがとても嬉しくて早く飾ってと騒いでいたものですが、実際いつ頃から飾るものなのでしょうか?

今回は雛人形の飾る時期と片付ける時期について。

スポンサードリンク

雛人形はいつから飾るの?

ひな祭り自体は多くの方に3月3日と認識されていますが、地域によっては旧暦の3月3日である4月3日に行うところもあるんだとか。

今回は一般的に多い3月3日としてお話させて頂きます。

雛人形を飾る時期は節分の次の立春から3月の中旬までの時期が適しています。ひな祭りが3月3日なので遅くても2月の下旬、ひな祭りの一週間前までには飾っているのが理想です。

そしてその中でも「大安」の日を選んで雛人形を飾るというのも一つです。大安というのは大事な行事を行う際などにこの日を選んで行われることが多いですが、「大いに安し」という意味で暦注である六曜の一つの中で最も吉とされる日を指します。

移転や結婚、旅立ち、開店など新しい事を始める時などは大安を選ぶことが多く、雛人形や五月人形などを飾る日に大安を選ぶ方も多いようです。




いつまで飾るものなの?

では、ひな祭りが終わったあとはいつまでに片付けるのがベストなのでしょうか?

よく雛人形を片付けるのがおそいと結婚するのが遅れるなんて話しを聞いたりもしますが、ひな祭りが過ぎたらなるべく早くしまうのが良いようです。

結婚が遅れるというのは早く雛人形を片付けさせるためにできた迷信だそうですが、長いあいだ出しっぱなしにしていると人形が傷んでしまう事もあります。

ひな祭りが過ぎたら天気がよく空気がカラッと乾燥している日を選んで早めにしまいましょう。


雛人形をしまう時の注意点とは?

雛人形は次のひな祭りが来るまでの一年の間仕舞っておくことになりますので、しまう時には人形が傷まないようにする必要があります。

◆仕舞う前に汚れ、埃を落とす…雛人形を購入した際に掃除用の毛叩きなどが付属していますので、そういったもので埃などをしっかり落としましょう。

◆人形の小物類は取り外す…小物をつけたまましまってしまうと傷が付く恐れがありますし、小物自体が破損してしまいますので誰の小物なのかを分かりやすくしまうと出すときに楽です。

◆人形を布で包む…雛人形の顔部分を柔らかい布や綿などで優しく包んでからしまいましょう。この時髪の毛が崩れないように注意しましょう。

◆箱の隙間を紙で埋める‥人形の隙間が空いた状態ですと中で動いて傷つくことがありますので、人形と人形の隙間や収納した箱と人形の隙間があかないように紙などをまるめて埋めてあげましょう。

◆防虫剤を入れておく…人形に直接防虫剤が触れないように注意しながら人形用の防虫剤を入れてしまいます。

しまう場所としては直射日光が当たらず、風通しの良い場所を選んでしまいましょう。人形が傷まないためにも室温が高すぎるところや寒暖差の激しい場所、さらには湿気のおいところなどは避けてしまってあげましょう。

まとめ

我が家では雛人形をしまう場所は決まって押し入れの一番上の段と決まっています。

押し入れでも下の方よりも上の段の方が良いようですよ。

小さい時には何故か「早く片付けないとお嫁にいけない」という迷信を信じて、母に早く片付けてと騒いでいたものですが、その迷信は子供には効き目が抜群かもしれませんね。

可愛い娘のためにも早めに飾って、早めに片付けてあげたいものですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です