入学祝いのお返しは必要?相場はどのくらい?

自分の子供が入学式を迎えたとき入学祝いを頂くと思いますが、その場合のお返しは必要なのか?

お返しをする場合贈る時期はいつ頃で、相場はどの程度なのか?などなど初めてのことだとどうしても悩んでしまいますよね。

今回は『入学祝いのお返し』についてまとめています。

スポンサードリンク

入学祝いのお返しは必要?

入学祝いのお返しは必要ないというのを耳にしたこともありますが、内祝いというものもあるし実際の所はどうなのでしょうか?

そもそも『内祝い』というのはお祝いごとがあった際に、こちらから“おめでたいことをすそわけします”という意味を込めて先に贈ることを言います。ですのでお祝いをして頂いた後に贈るものではないんですね。

そして入学祝いというのはお子様に対して行われるお祝いです。貰った子供には収入がないので基本的にはお返しする必要がありません。

これは入学式に限らず七五三などでも同様で子供成長に関するお祝いごとには、基本的にはお返しは必要ないとされています。




気持ちとしてお返しはしておこう!

先ほど基本的にお返しは必要ないとお話しましたが、それでもお祝いをしてもらった気持ちとしてお返しするのが無難。

というのも基本的にはお返しは必要ありませんので、お祝いを頂いた方にもお子さんがいればその場でお返しをせずともお子さんの入学などに合わせてこちらからお祝いをすれば問題ありません。

しかしそういった事情がなくお祝いを頂いた場合にはやはり気持ちとして何かお返しをするのが良いでしょう。


お返しの相場はどのくらい?

では気になるお返しの品物の相場ですが、基本的には頂いたものの半額から三分の一程度とされています。

もし頂いたお祝いが高額だった場合ですが、お返しを品物で返すのも大変になってしまいますのでその場合はギフトカードなどにすると良いです。

お返しの品として多く選ばれているのはお菓子類や、日持ちのするコーヒーや紅茶などですが最近ではバスソルトなどのちょっとこじゃれた物なんかもお返しの品として販売されていたりします。

お祝いを頂いた方の年齢層に応じて選んでみましょう。そしてお返しの品は後に残らず使いきれるもの、食べてしまえるものなどが良いのでそういった点も含めて選ぶとよいと思いますよ。


まとめ

お返しが必要ないと思っていても、あとから『○○さんにお返し送ったの?』なんて言われてしまったら嫌ですよね(;´∀`)

あれ?必要ないんじゃなかったの…?

なんてことになる前に、ちょっとした気持ちとしてでもお返しを贈る準備をしておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です