お風呂の鏡の曇りの原因とは?綺麗に落とすには?

大掃除に向けてどうしても落としたいと思うお風呂場の鏡の曇り。

なかなか取れないし日頃から頑張ってお掃除していても取れないのに、いつの間に頑固な汚れとなってしまっていますよね。

そもそもどうして掃除をしても白く曇ってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

お風呂場の鏡の水垢の原因とは?

お風呂場にある鏡が使っているうちに白く曇ることってありますよね?

この白い雲りの原因は水垢なのです。この水垢の原因は水道水に含まれている「ケイ素」や「カルシウム」などのミネラルが固まってできたものです。

という事は、お風呂場の鏡の曇りの原因は水道水そのものとなりますので、どんなに頑張って水道水で流しても取れるものではありません。


時間が経つとなかなか取れないのは何故?

さらに水垢がついて曇りだしてから時間が経つとなかなか落ない頑固な汚れとなってしまいますよね。

それには水垢の原因となるミネラルの一つと関わりがあるのです。

実は水垢の原因の一つである「ケイ素」というのは鏡の成分でもあります。その為、時間が経ってしまうことで鏡の表面と水垢のケイ素が強く結合してしまい、取り除くことが難しくなりなかなか取れない頑固な曇となってしまうのです。

では鏡の曇りをスッキリさせるにはどうしたら良いのでしょうか?


スポンサードリンク

鏡の水垢を取るには?

まず初期段階の水垢を落とす場合と、時間が経ってしまったしつこい水垢を落とす場合では適した方法が異なります。

◆初期段階

・酸性洗剤を使って落とす…水垢が付きはじめの時には酸性洗剤を使い落とすのが効果的です。ただし酸が金属部分を腐食してしまう恐れがありますので注意し使用しましょう。

・お酢を使って落とす…軽いカルシウム汚れであれば酸性のものに溶けるという性質がありますのでお酢で落ちる場合があります。

・クエン酸を使って落とす…お酢で落ない場合にはクエン酸を使い落としていきます。クエン酸を溶かした水を霧吹きでキッチンペーパーなどに浸し鏡に貼り付けます。上からラップなどをし時間を置きます。
その後にスポンジなどで擦り洗いをしていきます。

クエン酸は汚れの度合いなどで濃度を調節することができます。



◆時間の経ってしまったしつこい水垢

・歯磨き粉で落とす…しつこい水垢は研磨剤の入った練り歯磨き粉で落とすことができます。どのご家庭にもあるものなので試しやすいですよね。
鏡に歯磨き粉を塗り乾いた布などで擦って落としていきます。しつこい水垢での曇りもきれいに落ちますよ。

・鏡用ダイアモンドパッドで落とす…歯磨き粉でもどうしても落ない時には最硬質研磨剤の人工ダイアモンドを使用したダイアモンドパッドを使用します。
プロ仕様の研磨剤で効果は絶大ですが鏡に細かい傷などが付く場合もありますので注意が必要です。


日頃から水垢を付きにくくするには?

一番は鏡についた水滴をそのままにしないことです。

お風呂を最後に使った人がお風呂場の鏡の水滴を綺麗に拭き取って上がるというのが一番効果的です。吸水性のタオルや窓拭き用のワイパーなどでしっかり水滴を取り除く事で水垢がつきにくくなります。

ちょっと毎日やるのは大変だわ…という場合には、カー用品のフッ素コートでコーティングしてしまうというのも一つです。

車のフロントガラスに塗ると水を弾いてくれるアイテムを目にしたことがあると思いますが、これをお風呂の鏡に塗ってしまえば水を弾いてくれますし同時に曇り止めにもなる効果もあります。

扱いやすい商品も多くウェットクロスのようになっていて、拭くだけで良いものなどもありますのでカー用品店などで使いやすいものを探してみるのも良いでしょう。


上記は専用パッド付きのタイプで乾拭きなどが不要なタイプ。水をはじいてくれるので水垢をつきにくくしてくれます。


まとめ

お風呂場をせっかく綺麗に保っていても鏡だけが真っ白に曇っていたらスッキリしないですよね。

日頃のちょっとした気遣いでしつこい水垢汚れとおさらば出来ちゃいますので、各ご家庭にあった方法で水垢を防いでみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です