節分といわしの関係とは?柊鰯の作り方と飾る時期。

節分といえば豆まきや恵方巻きというイメージがありますが、もう一つの『いわし』も節分に関係する食べ物なのをご存知でしょうか?

さらにこのいわしは食べるだけでなく飾ることもあるんだそうです。

節分といわしにはどのような関係があるのか?

スポンサードリンク

節分といわしの関係とは?

節分にいわしを食べたり飾ったりするというのが根付いた由来はいくつか挙げられるものがあるのですが、一つはいわしの匂いは鬼の嫌う匂いというもの。

いわしを焼いている時の匂いで鬼が寄ってこないようにするという意味と食べることで体内にいる鬼を追い払うという意味を含んでいるんだそう。いわしを柊と一緒に飾るのにも鬼よけ(魔除け)意味があります。

そして節分は冬の最後の日で旧暦の大晦日にあたります。

新しい年を迎えるにあたり魔除けをする意味でいわしを食べます。いわしの匂いと煙がこの魔除けに有効とされ匂いのあるいわしを食べることで悪い気を消すという意味が込められています。


いわしの飾り方の意味とは?

17549620_624.v1447373586

節分の飾りにはそれぞれのお住まいの地域によっても様々で、節分の時に食べる行事食も様々なものがあります。

その中でもいわしと柊をいっしょに飾る『柊鰯』というものがあります。これは「節分鰯」や「焼嗅(やきかがし)」とも呼ばれています。

柊鰯には魔除けの意味がありますが、魔除けには匂いのきついものや先の尖ったものなどが使われていて、これには鬼が匂いの強いものや尖ったものが嫌いとされためなんだそう。

この鬼の嫌う匂いが強いいわしと尖っている柊を一緒に飾ることでいわしの匂いで鬼の新入を防ぎ、尖った柊の葉は鬼の目を刺すとされています。


スポンサードリンク



柊鰯のつくり方と飾る時期は?

ではさっそく魔除けの意味を込めて柊鰯を飾って見たい方へ、柊鰯のつくり方をご説明します。

【柊鰯の作り方】
・いわしの焼いた頭の部分と柊の葉が付いている枝を用意します。この時にいわしに枝部分を刺すので、枝は長さのあるものがよいでしょう。
・いわしのエラの方から目の方向に向かって柊の枝を刺し込むだけで出来上がります。



出来上がった柊鰯は玄関先や軒先に飾ります。飾る時期についてですが節分の当日に飾り始めるのが一般的とされています。

飾りを外す時期は地域によって異なりますが、翌日には外すという地域や2月いっぱいは飾っておくという所もあるそうです。外した柊鰯は白い紙で包み塩でお清めをしてから廃棄しましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

柊鰯は豆まきや恵方巻き以外にも節分には欠かせない風習ですね。

豆まきはなかなか我が家ではできないわという方でも、柊鰯なら夕飯などに使ったいわしの頭をしようすれば簡単に作ることができます。

良い一年を過ごせるようにと願いを込めて飾ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です