鏡開きの意味や由来とは?いつ頃するものなの?

お正月を過ぎると「鏡開き」というものがありますが、この鏡開きとは一体どのようなものなのでしょうか?

そしていつ頃のことを指すのか?

今回は鏡開きについてまとめています。

スポンサードリンク

鏡開きって何?

鏡開きとは正月の間に年神様の寄り代として飾ってある鏡餅を食べることで、年神様の力を授けてもらい、その一年の家族の無病息災を願うというもの。

お正月の間、年神様は鏡餅が居場所になっているとされていてその鏡餅には年神sまあの魂が宿っていると考えられています。

そのため年神様の居場所であった鏡餅を食べることでその力を分けてもらうというように考えられているおです。


どうして鏡開きというの?

もともと鏡開きという風習は武家から始まったと言われています。

鏡餅に刃物を使うという事は当時は切腹を連想させるため禁物でした。その時代には木槌や手などで割っていましたが、この「割る」という表現も縁起が良くないため末広がりという意味を指す「開く」を使い『鏡開き』と呼ぶようになったそうです。

鏡開きをすることで年神様を送り出し、お正月に一区切りをつける風習は仕事始めをするという意味もありました。


鏡開きはいつするの?

鏡開きは一般的に松の内を過ぎてから行います。

この松の内と呼ぶ時期は地域によって異なります。1月7日までを松の内とする地域では11日、松の内を15日とする地域などは15日に鏡開きを行うことが多いようです。

関東や関西では上記のように7日、15日とその差が大きく開いていますがそれぞれの地域によって松の内と呼ぶ時期が異なりますので、お住まいの地域やご家庭などで行う時期に合わせて鏡開きをしましょう。

鏡餅は飾ってから開いて、家族で食べるという一連の流れをしてこそ意味のあるものとなりますので、ご家族で一年の無病息災を願って食べたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です