ひな祭りの由来とは?飾りや行事食の意味など。

女の子ならひな祭りが近づくとお雛様を飾るのが楽しみになりますよね。

何段にもなったひな飾りやお部屋に飾れる物など、最近では様々なひな飾りもありますのでお部屋に合わせて選ぶのも楽しいですね。

さてひな祭りにどうしてお雛様を飾るのかご存知でしょうか?

どうしてお雛様とお内裏様の他にもたくさんの達たちがいるのか?などひな祭りについてのあれこれをまとめています。

スポンサードリンク

ひな祭りの由来とは?

ひな祭りの日は桃の節句とも言いますが、この桃の節句というのはその昔貴族の間で季節の節目に身の汚れを払う大切な日で、五つの節句がありました。

・人日 七草粥
・上巳 桃の節句
・端午 端午の節句
・七夕 七夕祭り
・重陽 菊の節句

上巳の節句がひな祭りである桃の節句です。平安時代の時は、出産の際の死亡率が高かったため、命を持っていかれないように枕元に身代わり人形(ひとがた)を置く風習がありました。この人形は自分の厄災を引き受けてくれた人形を流す流し雛へと変化し、今でのこの風習が残っています。

平安時代には紙の雛人形ひいなでした。室町時代には上巳の節句が3月3日に定着し髪の雛人形からお雛様へと変化していき宮中で盛大に祝うようになりました。そこから江戸時代中期には今のひな祭りの元となる段飾りが飾られるようになります。

どうしてお雛様を飾るの?

雛人形はどうして飾るのでしょうか?

先程も少しお話しましたが、雛人形は子どもの厄災を代わりに引き受けてくれると考えられています。

要するに厄災を引き受けてくれる守り神のようなものですので、どんなに忙しくとも我が子の健康や健やかな成長を願って飾ってあげたいものです。


雛飾りの人たちとは?

ひな飾りの七段飾りの設定は平安時代の宮中の結婚式がモデルというのはご存知でしたでしょうか?私もある時まで知らなかったのですが、これを知ってから今までよりももっと素敵な物のように感じるようになりました。

このように七段など段になっている雛飾りにはたくさんの人たちが登場しますが、一体どのような人たちなのでしょうか。

まずお内裏様とお雛様ですがこれはそれぞれ天皇、皇后を表しています。

三人官女は皇后にお仕えする宮中の女官達で、五人囃子から下は天皇にお仕えする家来達となっています。

・お雛様、お内裏様
・三人官女
・五人囃子
・随臣(右大臣・左大臣)
・仕丁(泣き上戸・笑い上戸・怒り上戸)

そしてお雛様のひな壇が赤いのには魔よけの意味があるんだとか。赤は血の色で神社の鳥居が赤い色なのと同じく魔よけの意味として赤い毛氈を敷きます。


菱餅とひなあられの意味は?

『ひな祭り』といったらこの色!と思い浮かべる色合いが使われている、菱餅とひなあられにはどんな意味があるのでしょうか?

■菱餅

菱餅と言ったら緑・白・桃色の3色が使われている菱形のお餅ですが、もともとは上巳の節句の時に食べていた母子草餅がルーツとなっており、これには母子が健やかにという願いが込められていました。

そこに邪気を払うよもぎ餅に変わり、その緑のよもぎに菱の実を入れた白い餅が加わり緑と白の二段重ねか五段重ねの餅へと変化していったそうです。その後明治時代にくちなしを入れた赤い餅が加わり今の見慣れた三色の菱餅となりました。

それぞれには意味があります。

・桃色 赤は魔除けの色、クチナシの実には解毒作用があるとされる。
・白  子孫繁栄、純潔、長寿。菱の実には血圧を下げる効果があるとされる。
・緑  健やかな健康。よもぎには厄除けの効果があるとされる。

■ひなあられ

その昔の風習で雛人形を持って海辺や野山に出かけ、お雛様に春の景色を見せる『ひなの国見せ』というものがありました。

その時にご馳走と一緒にもっていったのがひなあられで、一説では菱餅を外で食べるために砕いて作ったという話もあります。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

お雛様のひな飾りにしても、行事食にしても子供を大切に想う気持ちが込められたものばかりです。

我が子の成長を喜び、さらに元気に育っていってほしいという願いを込めてお祝いをしてあげたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です