書き初めを書く意味と由来は?小学生参考文字とは?

毎年冬休みには書き初めに何と書くかですごく迷っていたのを今でも思い出します。

何度も練習するために書き初め用の半紙をあらかじめ買って用意しておいたりと、結構大変だったなぁと思いますね(笑)

でも書き初めってどうして書くのでしょうか?

スポンサードリンク

書き初めを書く意味と由来は?

書き初めとは古来から続いてきたお正月の伝統行事で、もともとは宮中の一部の文人の行事から始まっていたと言われていて、正月の二日に墨と筆という日本古来の筆記用具を使い新年の目標や座右の銘を書くというものでした。

後に明治時代頃になると学校教育で習字が必修科目となったため、書き初めが盛んになっていったと言われています。そして、正月の二日は仕事始めとされており、その昔の農家や商家ではこの日から仕事を始めていたんだそう。この習慣にならい新しい年の始まりに字を書いたり絵を書いたりする書き初めが広まっていきました。

一年の仕事始めとしてその年の抱負や目標などを書き、うまくいくことを願うという意味で行われています。


書き初めをする意味とは?

書き初めは新しい年に文字を書き神様の納めることで、文字がきれいに書けるようになる事を願っていたんだそうです。

ぞじて昔は1月11日にドンド焼きという行事が行われており、その年の無病息災を願い正月の松飾りやしめ縄を一箇所に持ち寄り積み上げて燃やしていました。その炎で書き初めなどの文字を書いた紙を燃やすと文字が上手になると考えられていたそうです。

そしてその年の目標など意気込みを仕事始めの日に書く事により、その一年の仕事がうまくいくと言われています。

ただ書くだけではなく、文字の上達やその年一年間うまくいくことを願い行うとまた違った気持ちで書き初めを出来るのではないでしょうか。


書き初めの参考文字

あらかじめ学校などではいくつか候補をだしてあり、その中から好きなもの選ぶという選択型の場合はわりと書きやすいですが、好きな文字を書いても良いとなると何を書こうか迷ってしまうもの。

年代別に参考の文字、言葉をピックアップしてみましょう。

◆小学校低学年(1・2年生)
この年代ではひらがなの2文字~3文字。その年の干支やお正月にちなんだものなども多く選ばれます。

【2文字】
・まつ ・ふじ ・こま
・たけ ・ゆめ ・ゆき
・うま ・たつ

【3文字】
・きぼう ・あさひ
・うさぎ ・ひつじ

◆小学校3・4年生
この年には漢字に挑戦し、漢字1文字か2文字を入れた言葉を選んでみましょう。

【漢字2文字】
・初夢 ・希望 ・新春
・新年 ・朝日 ・大空
・平和 ・富士 ・迎春

【漢字一文字】
・はつ日 ・ふじ山 ・その年の干支
・初ゆめ

◆小学生5・6年
高学年になると漢字が3文字や四字熟語などを選ぶ方も増えてきます。

・初日の出 ・新春の朝 ・希望の光 ・希望の朝
・美しい空 ・思いやり ・新しい年

・一日一善 ・一期一会 ・全力投球 ・有言実行
・早寝早起 ・文武両道



せっかく書き初めをするのであれば、好きな言葉だけでなく自分の目標などを踏まえて文字を選ぶのもよいですよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です