節分はどんな日?豆まきの意味と由来とは?

節分というとお家や幼稚園、学校などで豆まきをするかと思います。

私も小さい時には学校と自宅で豆撒きをした覚えがありますが、鬼になった父に一生懸命豆を当てようと追いかけていたのを今でも覚えています。

この節分の豆まきですが一体どう言う意味があるのでしょうか?

どうして鬼が登場するのかなど、節分いつてのお話しです。

スポンサードリンク

節分ってどんな日?

節分というのは本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日の事を言い、季節の変わり目のことを指します。そして私たちのよく知る2月の立春以外の日も節分と呼びますので、一回だけではないのです。

しかし春を迎えるという事は新年を迎えるのと同じくらい大切な節目だと考えられたため、節分と言ったら立春の前日というのが根付いていったんだそうです。

そして季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられていた事で、新し年や季節を迎える前に邪気を祓い福を呼び込む為に宮中では追儺(ついな)という行事が行われるようになりました。

その中の一つである豆打ちという行事の名残が今の豆まきになります。

豆まきをする意味とは?

先ほど少しお話しましたが、豆まきの由来は宮中行事の追儺の豆打ちから変化して、今の豆まきという風習になっています。

この豆まきには邪気を追い払うという意味があり、これには様々な説があるようです。その中の一つには、中国の習俗が日本に伝わったものとされているというものです。

豆には『魔滅(まめ)』に通じると考えられ無病息災を祈る意味があります。その昔に鞍馬に鬼が出た際に、毘沙門天のお告げにより鬼退治に大豆を使ったんだそう。その大豆を鬼の目に投げつけたところ、無事に鬼退治が出来たという話が伝わり『魔の目』(魔目 まめ)に豆を投げつけ『魔を滅する』という意味に通じるとされています。

豆まきに使う豆は?

豆まきに使う豆についてですが、何でも良いというわけではありません。

豆まきには炒った豆を使わなくてはなりません。豆を炒る=魔目を射る事は鬼退治につながりますので、炒った豆を使います。

また、生の豆を使った時に拾い忘れた豆から芽が出てしまうと縁起が悪いと考えられているからです。

スーパーなどで売られている豆まき用の豆は既に炒った状態のものが売られていて、その豆は『福豆』と呼ばれています。

食べる豆の数は?

さて、では豆まきをしたあとに年の数より一つ多く豆を食べるという風習がありますが、どうしてなのでしょうか??

これは自分の数え年の数だけ豆を食べることで、病気にならず健康でいられるという様に考えられているからなんだそう。ちなみに旧暦では節分は大晦日にあたり、年が明けると一つ年を取るので自分の年寄り一つ多く豆を食べます。

豆まきが終わったら自分の年の数の豆を食べて、健康に過ごせるように無病息災を願います。


まとめ

節分の日には家族で豆まきをするのが楽しみで、父の帰りを今か今かと待っていたものです。

家族の健康を願い今年も皆で節分の豆まきをしたいですね。

なんとなく小さい時からやってきた事ですが、こうやって由来や意味を知ることで大切な行事の一つなんだなと考えられると思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です