バレンタインデーの起源とは?本当はどんな日なの?

バレンタインというと想いを寄せる人へチョコレートを渡すという、恋する女子にとってはイベントとして知られていますね。

最近では女子同士でチョコレートを交換したり、お世話になっている方へ感謝の気持ちを込めて渡したりとその渡す理由などは様々です。

でも、もともとバレンタインとはどうゆう日なのでしょうか?

スポンサードリンク

バレンタインの起源とは?

バレンタインデーの起源は、はるか昔のローマでのお話が元になっています。

その当時のローマでは2月15日は豊作を祈願する祭日だったのですが、その前日である2月14日に若い娘が自分の名前を書いた札を桶に入れ、祭りの日に男達が札を引きその札を引いた人と札に書かれてある娘が祭りの間はパートナーとして過ごす習わしがあったそうです。

そしてそのパートナーと結婚するというのが一般的だったそうですが、この時代では若い兵士の結婚は認められていなかったんだそう。その理由は愛する人を故郷に置いてきた状態では士気が上がらないため。

そんな中でもキリスト教師祭であるバレンタインが密かに愛し合う兵士と恋人をかくまって結婚させていたんだそう。この行為によりバレンタインは囚われてしまい、更にこの頃のローマではキリスト教は異端の宗教として迫害されていたこともあり祭りの前日である2月14日にバレンタインは見せしめのために処刑されてしまいます。

後にキリスト教徒の間ではバレンタインを聖人とし、処刑された2月14日を『セイント・バレンタインデー』としたのです。


バレンタインは恋人の日?

起源を知ってもバレンタインという日と、“恋人”や“愛する人”というのは少なからず関係している日だというのが分かると思いますね。

もともとは恋人が愛を語る日とされていて、手紙を交換するという習慣があったようですよ。バレンティヌスをモチーフにした絵のついたカードに愛を綴り交換していたんだそうです。

日本では女性が男性へチョコレートを渡すとういうのが一般的ですが、これの始まりは19世紀のイギリスで始まったんだそう。日本で定着したのはお菓子メーカーが打ち出した広告戦略で広まり、今のようになったのです。


国で違うバレンタインの過ごし方とは?

私たちの住む日本では女性が男性へ贈り物をするというのが最もポピュラーですが、この女性から男性へというのは海外ではあまり見られないんですね。

台湾やベトナムではチョコレートを贈るという部分は日本でのバレンタインと同じですが。男性から女性へチョコレートを贈るんだそう。

米国では家族や恋人同士、夫婦などで男性から女性へプレゼントし感謝の気持ちを込めて贈り物をするという週刊なんだそうです。

更にヨーロッパでは男女どちらとかは関係なく、男性から女性、女性から男性、女性同士などプレゼントを贈り合うんだそう。花やケーキ、カードなど贈るものも様々。

このように、その国によってバレンタインの過ごし方は様々なようですね。日本でも今では自分にご褒美チョコや、友チョコなどといった物まで登場していますので、どれをとってもお菓子メーカーの効果というのは大きい影響なのかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です