七草粥の由来とは?七草の種類はどんなもの?

お正月が過ぎると各ご家庭では『七草粥』を食べるというおうちも多いのではないでしょうか?

その七草粥ですが、どうして食べるようになったのかその由来をご存知でしょうか?

今回は七草粥の由来や食べる意味など、七草粥についてのお話しです。

スポンサードリンク

七草粥を食べる由来とは?

七草粥を食べる1月7日は五節句の一つである『人日の節句(じんじつのせっく)』です。

五節句というのは一年の内に5回ある節目の日のことで
・1月7日の人日(じんじつ) ・3月3日の上巳(じょうし) ・5月5日の端午(たんご)
・7月7日の七夕(たなばた) ・9月9日の重陽(ちょうよう)

この中の一つである人日の節句は「人の日」なのですが、これは中国にある占いの風習で元旦からそれぞれの日に獣畜を当てはめていました。

1日の元旦は鶏、2日は狗(犬)、3日は猪、4日は羊。5日は馬、6日は馬、7日は人、8日は穀とし、それぞれを占い新年の運勢を見て占いの対象となるものを大切にしていました。

さらに唐の時代に無病息災を願い七種類の食べていた「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という風習があり、この風習が日本へ渡り、年のはじめに若菜を摘み新しい生命力をいただく「若菜摘み」という日本古来から伝わる風習と結び付き今の七草粥となったそうです。

また七草粥を食べる1月7日は松の内の最後の日に当たることから、お正月のご馳走で疲れた胃をいたわる事と、冬場の不足しがちな栄養を補給するという事から無病息災を願い七草粥を食べることが定着したそうです。


七草粥に入れる七草とは?

では七草粥に入れる七草とはどのような種類なのでしょうか?

一般的に七草とは春の七草を指しています。

・薺(なずな)…抗殺菌、解熱
・芹(せり)…食欲増進
・御形(ごぎょう)…解熱、風邪予防
・菘(すずな)…豊富なビタミン
・蘿蔔(すずしろ)…風邪予防、消化を助ける
・仏の座(ほとけのざ)…豊富な食物繊維
・繁縷(はこべら)…豊富なビタミンA

この他にもそれぞれの七草には様々な薬膳効果があり、体調を崩しやすい冬場に無病息災を願って食べるのにも頷けますね。


七草じゃなくても良いの?

最近ではスーパーなどで七草のセットになっているものが販売していたりしますので、七草粥がご自宅でも作りやすくなっています。

しかし七草が手に入らないなんて事も…。

でも七草にこわだらずに七種類の若菜で代用しても良いのです。本来は自然界から新しい生命をいただくというものですので、ほうれん草やミツバなどの野菜を入れて七種類の菜のお粥を頂いても良いのです。

自分好みの七草粥で一年の無病息災を願ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です