カビの生えた食品を食べてしまった!体への影響は?

食べようと思ったら食品にカビが生えていたなんて経験ありませんか?

カビの部分だけ取り除いて食べることが出来るのかしら?

食べた後にカビが生えていたことに気づいたなど、ついうっかり口にしてしまった場合の体への影響は大丈夫なのか?

今回はカビを食べてしまった時の対処法について。

スポンサードリンク

カビを食べてしまったけど大丈夫?

湿気の多いところに置いておいたらパンにカビが生えていたり、カビが生えていると気づかず口にしたら変な臭がして見てみたらカビが…なんて事ありませんか?

実際私はカビが生えているのを気づかずにパンを口にし、後から気づいたことがあります。

こんな時まっさきに気になるのがカビを口にした事による体への影響です。食中毒みたいになってしまうのかな?大丈夫かな…と、とても心配になるはずです。

食べてから何の症状も起こらなければ、そのままでも大丈夫なんだそう。カビは胃の中に入ると、胃酸でほとんど死滅してしまうので特に不調がなければ心配しなくても大丈夫です。

カビの中でも強い毒性を持っているのは一部で、その一部の物も主に輸入品から発見されるものがほとんどなので過剰に心配する必要もないようです。

少量のカビであれば発がん性なども心配する必要もなく、大量にかつ継続的に摂取した場合でなければ特に気にする必要もありません。

カビよりも心配するべきものは?

カビによる身体の影響について安心できましたが、もう一つカビを口にした際に注意しておくべきことがあります。

それは食中毒です。

その食品にカビが生えているということは、繁殖する条件がそろっていたということですので、細菌も繁殖している可能性もありますので食中毒の心配もあります。もし嘔吐や下痢などの症状が出た場合はすぐに医療機関に受診しましょう。


殺菌作用のある食べ物を!

体に何の影響もないというのは分かったけど、やっぱりちょっと気になるなぁ…という場合には殺菌作用のある食べ物を食べて殺菌しましょう。

・にんにく
・梅干し(塩漬けのもの)
・生姜
・玉ねぎ
・お酢
・ネギ

これらは殺菌作用・抗菌作用の強い食べ物となりますので、意識的に食べて体の中を殺菌してしまいましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気づかずに食べたとしても、大丈夫なのか心配になると思いますが少し口にしただけなら大丈夫ですのであまり心配しすぎないのが良いかもしれませんね。

私自身口にした時には、特に何の変化も起こらず体調もいつも通りでしたが、やはり気になってしまったので胃の中を殺菌!!という意味でも梅干を食べました。

それからは温かい時期や時間が経ってしまったかな?と思うものは食べる前にしっかりチェックするようにしています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です