年末に不幸があった場合、喪中はがきはどうするの?

年末に不幸があり、あらかじめ出しておくはずの喪中はがきが間に合わない場合などはどのように対処するべきなのでしょうか?

先方も年賀状を出してしまっているかもしれないし、今から喪中はがきを出すには遅いだろうし…

そんな時に対応について。

スポンサードリンク

喪中はがきは出すの?

喪中ハガキは先方に『身内に不幸があったので、今年は年賀状は辞退させてください』というものになり、先方が年賀状を用意するよりも先に届くようにするものです。

年賀状の受付が12月15日~ですので11月中に出しておくのが一般的ですが、12月15日までに間に合いそうな場合は喪中ハガキを準備しましょう。

しかし、12月の末などの年末に不幸があった場合は喪中ハガキを出しても、先方が既に年賀状を送ってしまっている場合も考えられます。

既に送ってしまっている場合には、回収するという手間をかけてしまうかもしれないですし、師走で忙しい時期となりますのでこちらから喪中ハガキは出さずに年賀状を受け取ります。

喪中はがきを出さない場合の挨拶は?

では喪中はがきが間に合わずに、年賀状を受け取った場合こちらからはどのような形でご挨拶をすれば良いのでしょうか?

この場合は年が明けた松の内の1月7日以降に寒中見舞いでご挨拶をします。

毎年のように年賀状のやりとりをしている方ならば、年賀状が来なかったことで『今年はどうしたのかしら?』と心配になったりもしますので、年賀状のお礼と年賀状が送れなかったお詫びを添えます。


用意してしまった年賀状はどうすればいい?

既に自分も年賀状を出してしまっている場合には、年賀状の配達前ならば回収することが可能です。まだ間に合いそうであれば郵便局に取次ぎ確認してもらいましょう。手数料がかかる場合もありますが、郵便返戻請求というのも出来ます。

そして年賀状を買ってしまったけど喪中になり出せなくなってしまった場合には、郵便局で喪中だと伝えると無料で交換してくれます。

既に配達準備に入ってしまい返戻することが出来ない場合もありますが、その場合には通常通り配達しても大丈夫です。こういった不測の事態はいつ起こるか誰も分からない事ですし、先方も分かって下さりますのであまり気にしすぎずとも良いようです。


喪中に年賀状を受け取ってもいいの?

既に先方が出してしまってるとは言え、喪中なのに年賀状を受け取ってしまってもマナー違反にはならないのか気になるところ。

喪中の場合にはこちらから送るというのを控えるというだけであって、受け取る場合には問題はないんだそう。(受け取る側の気持ち次第。)

年賀状には『明けましておめでとう』と書きますよね。そのようなおめでたいご挨拶なので、年賀状を辞退するために喪中はがきを出します。不幸があったのに『全然おめでとうじゃない…』と祝いの言葉は書けないという意味で年賀状を出さないのです。

しかし中には喪中だけど年賀状を受け取りたいという方もいらっしゃいます。これはマナー違反にはなりませんので、喪中ハガキなどに年賀状をお待ちしていますなどと一筆添えて書いても良いでしょう。

そうすれば『おめでとう』という言葉は控えつつ近況などを知ることができますよね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です