年越しそばを食べる意味や由来とは?いつ食べるものなの?

慌ただしい師走も過ぎて新しい年を迎える時には、初詣に行ったりニューイヤーパーティーに行ったりと人それぞれ様々な過ごし方をすると思いますが、日本人なら年越しの時に食べている年越しそば。

何気なく食べる風習があるように思いますが、この年越しそばにはどんな意味や由来があるのでしょうか?

そしていつ食べるのものなのでしょうか。

スポンサードリンク

年越しそばの由来とは?

年越し蕎麦を食べるという風習は江戸時代から行われているんだそうです。

蕎麦は麺類の中でも切れやすい事から『今年の厄を断ち切る』という意味を込めて大晦日に食べる風習が根付いたとされていますが、そのほかにも数々の由来があると言われています。

同じく切れやすいという意味からは旧年の苦労や厄災、借金を断ち切ると意味で『縁切りそば』や『年切りそば』、『借銭切り』と言われていたこともあるんだそう。

そして蕎麦は体に良いとされていることと、育つ過程で雨風に叩かれようとも日光を浴びるとすぐに元気になることから健康の験担ぎとして最適だとされ、健康祈願が込められているという説もあります。

また、金銀細工師が作業の際に散らかってしまった金粉を集めるのに使ったのがそば粉だったため、金を集める縁起物として金運を呼ぶという意味から金運向上の為に食べられるようになったというお話しも。

様々な説がありつつもどれも新しい年を新たな気持ちで迎える為に食べていたようですね。


年明けうどんって何?

年越し蕎麦を食べる由来は様々にありますが王道は『細く長く』というのを多く耳にするかと思います。

それににた意味で『太く長く』という意味を込めて、そばではなくうどんを食べるのが年明けうどん。これは元旦から15日までの間に食べるうどんを年明けうどんとしているんだそうです。

うどんの場合には梅干しや海老のかき揚げなどの『紅』ものをプラスして紅白を彩り縁起物として食べるそうですよ。




年越しそばを食べるタイミングとは?



では一体どのタイミングで食べるのがベストなのか?と、疑問に思ったことありませんか?

実際には年越しそばは大晦日の日に食べれば、この時じゃなきゃダメという決まりはないんだそうです。

地域によっては日にちが変わる頃に食べたり、大晦日の夕食として、そして大晦日ではなく元旦やその後に食べるという所もあるんだそうですよ。

思えば我が家では夕食とは別に年を越すくらいの時間に食べていました。子供ながらに遅くまで起きていて良かった大晦日と、普段は食べることのない夜食としての年越し蕎麦をとても楽しみにしていたのを覚えています。

各家庭で食べる時間は様々ですが多くの場合は大晦日の日に食べるようですね。




まとめ

様々な説がありましたが共通して言えるのは新しい年を良い年にしたいという想いがあるという事です。

今年は大晦日にはそばを食べて。年が明けたらうどんを食べるというのも良いですね。新たな気持ちで新年を迎えて素敵な一年を過ごしたいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です